« 晩秋の候(2) | トップページ | 街(96) »

2020年12月17日 (木)

潮風を浴びながら

4887
4091レ EF210-102

爽やかな潮風が流れる中を走る貨物です。これは単機でした。

4888
3090レ EF210-132

根岸ターミナルに向かう桃太郎。

4889

牽引するのはタンクのみ。

4890
87レ EH200-15

ブルーサンダーが根岸から高崎へ向かいます。

4891

みなとみらい地区とポートサイド公園の間を抜けて・・・。

« 晩秋の候(2) | トップページ | 街(96) »

コメント

この地区には石油基地があるのでしようか。
石油タンク車の貨物列車ですね。高層ビルと貨物列車そして森のようなポートサイド公園の中を走る鉄道は取り合わせとして絵になる風景ですね。

tokiwaiさん、こんばんは。
終点の根岸ターミナルには大きな石油コンビナート(旧日石)があるのです。
ですから、この路線は在る意味石油タンク輸送専用の貨物路線とも言えるのです。
JR根岸線の根岸駅ホーム前には出発前の貨物(タンク)が並んでいます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 晩秋の候(2) | トップページ | 街(96) »