« キタキツネの狩り | トップページ | あれから10年 »

2021年3月10日 (水)

SPレコードのクリーニング

5112

このところ集中的にSPレコードを聴いていたのですが、なんとカビが生えているSPレコードが出て来たではないですか!

そう言えば何年もターンテーブルに乗せていないものがかなり有りましたから、そうしたSPレコードがヘソを曲げてカビを出したのかも。(笑)

ではと、クリーニングの準備を。このマットの上でクリーニングします。

5113

SPレコード専用のクリーニング液って時代的になかなか無いのですよね。

で、見付けました。↑ これです。

5114

上記のクリーニング液をパラパラと盤面に振りかけます。

5115

で、これを使って盤面を少々強く拭きまくるのです。

ビニールで出来ているLPレコードと違い、SPレコードはあまり力を入れると割れてしまう恐れがあるので、その辺は適度に。

クリーニングするのはカビが生えていたものだけではなく、良い機会なのでコレクションすべてをクリーニングする事にしました。

5116

中古購入のLPレコードは以前からこれを使っています。拭き取りはセットで売られているレコクロスを使っていますが、これらは某組合系ショップで販売されています。

大分前、ブルーノートのオリジナル盤を夢中になって買いまくっていた頃は米国製の自動クリーニング機を購入してクリーニングしていたのですが、中古レコードを購入しなくなった頃、売却してしまいました。

最近、オーディオ誌でやたらとそうした自動クリーニング機の記事が掲載されていますが、自分はブームになる遥か前に使っていましたので、「何、今頃騒いでいるの?」と、呆れています。・・・って、何を自慢げに。(^^;

5117

これは静電気除去用のブラシ。

レコードを再生する前にサラッと撫でてあげると静電気がほとんど無くなります。静電気が元のパチパチノイズが出なくなりますので。空気が乾燥している冬季は必需品。

クリーニングは最後、新しいクロスで液を綺麗に拭き取りますが、念のため更に自然乾燥させ、袋にしまう前にこれで一度撫でてからしまうようにしています。

5118

せっかくクリーニングしたのですから、内袋も当然新品に換えます。

クリーニング前に使っていた内袋は廃棄です。もちろんプラスチックゴミの日に出します。

5119

SPレコードやオリジナル盤の収納は厚紙で出来た市販の白ジャケットに入れていたのですが、今までは普通の白ジャケットでした。ところが、レーベル部分がくり抜かれた白ジャケット(上記写真)が有る事を知り、ダンボール一箱丸ごと購入し、宅配便で送ってもらいました。

長年使用していた白ジャケットは経年変化(劣化)で黄色染みが大分目立つようになりましたので、すべてのSPレコードとオリジナル盤を今回購入した穴開き白ジャケットに入れ替えました。以前はレコードの内容をパソコンで作ってラベルを貼っていたのですが、穴開きならそれも必要ありません。

良い機会だったので、レコードジャケットと白ジャケットを同時収納するセロパックも纏め買いし、これまたすべて入れ替えましたので、大量の古びたセロパックがどっさり。これもプラスチックゴミです。同じく大量の古い白ジャケットは古紙回収の日に出しました。(^^;

SPレコードのクリーニング、さすがに一回でコレクションすべては出来ませんので、一日5枚程度にしていました。その方が雑にならないので。

昨年くらいから、たま〜に中古のLPレコードを購入する事がありますので、そうしたレコードは上記のレコクリンでクリーニングしています。一昨年迄、3千数百枚のレコードを処分したというのに。(^^;

ほとんど二束三文でしたが、カラヤンが晩年に録音した独グラモフォン盤は一枚、5千円から6千円で買い取ってくれました。笑いが止まりません。デジタル録音のレコードにはまったく未練はありませんので。デジタル録音の音源はCDで聴けば良いのです。レコードで聴きたいのはアナログ録音の音源なのですから。

厳選に厳選を重ねて残したレコード、それでもまだ数百枚残っています。
数えるのが怖いので、実数は分かりません。(^^;;;;;

« キタキツネの狩り | トップページ | あれから10年 »

コメント

う〜ん、アナログ大爆発^^;;; ナマモノだから手入れは大切。ウチのレコード(枚数は少ないけど)なんて何年もほったらかし^^ゞ見るのが怖い^^;;;レコードは見ないことにして、今日はハッセルにTX400を詰めて撮り始めたところです。

ROCKSさん、こんばんは。
高温多湿、カビが生えやすいですね。(^^;
カメラもレンズも、レコードも、しょっちゅう使っていればカビなんて生えません。(笑)
ハッセルにモノクロ、良いですね!
楽しんでください。(^^)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« キタキツネの狩り | トップページ | あれから10年 »