« 静謐な中に | トップページ | SPレコードのクリーニング »

2021年3月 8日 (月)

キタキツネの狩り

昨晩、BSテレ東の「激録!ハンターカメラ」という番組を見ていたら、キタキツネの狩りの瞬間「ジャンピングキャッチ」はなかなか見られるものではなく、知床で環境保全の仕事を長くしている方すら一度も見た事がないとの事。

番組を見ていた私は「え!? そんなに見られない事なの?」と、ビックリしました。何故かと申しますと私は一度見ていて、拙ブログに過去、掲載していましたので。ただ、カメラを連写モードにしていなかったため飛んだ瞬間は撮影出来ませんでしたが、ジャンピングの瞬間はカメラのファインダーで見ていました。

以前、掲載していた記事を以下に再録します。

5107

公園でキタキツネに出遭いました。ラッキー♪

5108

ん!?

何やら獲物を見付けたようです。この直後、ピョーンと飛び跳ねたのですが、シャッターを連写モードにしていないので、その飛んだ瞬間を写せませんでした。(^^;

5109

苦手な方はスルーしてくださいませ。

野ネズミらしき獲物を咥えて出て来ました。

5110

ここで、クシャクシャと獲物を食べる事に。

5111

で、その後、「余は満足じゃ」とも言いたげにまた歩いて行きました。(^^)

※ 以上が2017年12月4日に掲載した記事です。番組ではかなり時間が掛かったようですが、見事ジャンピングキャッチの瞬間を映像に収める事が出来ていました。

シマフクロウがヤマメをハントするところも放送していましたが、あそこ(羅臼)は餌付けをしてシマフクロウを誘い込んでいる、野鳥カメラマンには有名な場所です。シマフクロウは絶滅危惧種なので、そうして保存しているという事でもあるのです。写っていたシマフクロウには足環が付いていました。

« 静謐な中に | トップページ | SPレコードのクリーニング »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 静謐な中に | トップページ | SPレコードのクリーニング »