« 久々のアカゲラ | トップページ | クレンペラーのエロイカに感動! »

2021年3月16日 (火)

ドイツグラモフォンの赤ステレオって何?(笑)

5142

ベートーヴェン/交響曲第6番 ヘ長調 作品68「田園」

ヘルベルト・フォン・カラヤン 指揮
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

1962年2月 ベルリン、イエス・キリスト教会にて録音

独グラモフォン 138 805(1960年代初期のドイツプレス盤)

多分、クラシックのオリジナル盤、初期盤を蒐集されていらっしゃる方は当たり前としてご存知の事と思いますが、独グラモフォンがステレオ初期に発売したレコードの表ジャケット、「STEREO」表示(大きな黄色いグラモフォンマークの下)の部分が赤く塗りつぶされているものが有ります。

そのジャケットをオリジナル盤、初期盤愛好者、そして販売業者は通称「赤ステレオ」と呼んでいます。どうやら独グラモフォンはモノラル針でステレオ盤を再生しないよう注意を促したのでは? という説が有るのですが、モノラルからステレオへの移行期でしたから、一番の狙いは最新のステレオ録音という事を目立たせたかったのでは?

切り替わった年が何年(196※年)だったのかは知識が有りませんが、途中から赤い塗り潰しはなくなっています。したがって「赤ステレオ」はステレオ初期に発売された・・・という理由(オリジナル盤)から、同じレコードでも塗り潰しが有るか無いかによって中古価格は結構違いがあるようです。

ですが、「赤ステレオ」と「赤ステレオ」ではない盤の音、多分変わらないのではないかと個人的には思っています。売り手側は何かしら理由付けをして少しでも高く売りたいのでしょう。ボッタクリの通販サイト、ベームの「赤ステレオ」に目の玉が飛び出るような値付けをしていますから。

で、私のレコード棚には ↑ 上記カラヤンの「田園交響曲」が有りますので、ジャケット写真をご紹介します。「赤ステレオ」です。「STEREO」という部分が赤くなっておりますでしょう?

先日「クラシックのオリジナル盤について私感」の記事でご紹介した「英雄」と一緒に購入していた盤で、「赤ステレオ」のせいか「英雄」より400円も高かったです。(笑)

5143
センターレーベル

これが「赤ステレオ」のセンターレーベルですが、「英雄」のセンターレーベルと見比べてみてください。

「英雄」のレーベル、時計の1時くらいのところから「MADE IN GERMANY BY」と印刷されていますが、今日の「田園」のレーベルでは「ALLE HERSTELLER -」と印刷されているのがお分かりになると思います。ドイツ語です。「ALLE」が先で、途中から「MADE」に印刷が変わっています。

よって「田園」のレーベルは第1版、「英雄」のレーベルは第2版という事で、オリジナル扱いは「ALLE HERSTELLER -」と印刷された盤になるようです。私が持っているカラヤンの「田園」はオリジナル(初版)に近い盤、若しくはオリジナル盤扱いになるわけですね。

あくまでカラヤンのベートーヴェン交響曲全集に限っての話しでして、当然録音年代によっては「MADE」のレーベルがオリジナルになる盤も沢山有りますので、誤解なきよう。また、「ALLE」のレーベルで「赤ステレオ」になっていないレコードも沢山有ります。

5144
内袋

レコードは作りの良い内袋に入っていました。盤も国内盤と違って少し重いです。

5145
ジャケット裏の右下

ジャケット裏右下の印刷、第1版と第2版とでは記載文に違いが有りますが、このレコードのジャケット印刷は1963年8月となっています。録音が1962年2月ですから、この「田園」のレコードは初期のプレスという事が分かります。磁気テープを使ったクラシックのアナログ録音の場合、録音からレコードとして発売されるまで一年から二年掛かるのが普通でした。要するにテープの編集作業があるからです。

昔、クラシックの音楽誌「レコード芸術」を毎月購入して読んでいた時、録音情報のコーナーを見るのが楽しみでした。お気に入りのアーティストが何々をグラモフォンや英DECCAに録音した、なんて記事を読むと発売を楽しみにしたものです。ですが、発売は一年とか一年半とか待たされます。アイドル歌手の録音のようにはいかないのです。(笑)

その点、デジタル録音になってからは発売まで随分と早くなりました。例えばウィーン・フィルのニューイヤーコンサート(毎年元旦)なんて、ライヴ録音のCDが1月下旬には発売されてしまうのですからメチャ早です。ライヴ録音は編集作業が少ないからなのでしょうが、CD化目的のスタジオ録音も半年くらいで発売されるのは最早普通です。

今日も話しがあちこち飛びましたが、独グラモフォンの初期盤には「赤ステレオ」と呼ばれているレコードが有るという事を話題にさせて頂きました。

本来なら「赤ステレオ」とそうではない盤とを聴き比べた結果を記事にするべきなのかもしれませんが、もう一枚カラヤンの「田園」を購入するというのも自分的には無駄遣いなのでご容赦。

そもそもカラヤンの「田園」はそれほど好きな演奏ではないので。(^^;

« 久々のアカゲラ | トップページ | クレンペラーのエロイカに感動! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 久々のアカゲラ | トップページ | クレンペラーのエロイカに感動! »