« イリーナ・メジューエワ | トップページ | 標識 »

2021年6月20日 (日)

巣立ち間近

5511

ツバメの巣です。某駅改札に向かう構内での撮影です。

雛たちも親と変わらない大きさになっていますから、そろそろ巣立ちが近いのではないでしょうか。

5512

親ツバメが私の事が気になるのか、しばし私の方を見ていました。

しかし、安全と思ったのか、直ぐにまた雛たちの餌探しに飛んで行きました。以後は戻って来ても私を警戒する事がなくなりました。

5514

駅の利用客に糞が落ちないよう、ご覧のように板がボルトで固定されていました。更に針金のようなものも取り付け、鳩やカラスが来ないようにしてありますね。

駅職員さんの思いやりを感じます。(^^)

5513

大事にされている雛たち、まもなく巣立ちでしょう。

« イリーナ・メジューエワ | トップページ | 標識 »

コメント

今日は!近所の道の駅に新鮮な魚を買いに週2回行っています。いつもと違う入り口から入ったら、今日の写真と同じ光景が見られました。巣立ち前の子燕たちの愛らしいこと!よく観察したら、店の入り口付近に沢山の巣がありました。田舎なので、すぐ裏は田圃が広がり自然がいっぱいな環境で、伸び伸びと生活しているのが見て取れて、とても微笑ましかったです。

ROCKSさん、こんばんは。
道の駅でツバメの巣を見付けられましたか。
裏に田圃があるなら昆虫などの虫類が豊富でしょうから、親ツバメもエサを見付けやすいと思います。
そろそろ巣立ちが始まるのではないかと・・・(^^)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« イリーナ・メジューエワ | トップページ | 標識 »