« レイ・チェンとの出会い | トップページ | 巣立ち間近 »

2021年6月19日 (土)

イリーナ・メジューエワ

5508
Amazon Music HD

モーツァルト

ピアノ・ソナタ第16(15)番 ハ長調 K.545
ロンド イ短調 K.511
ピアノ・ソナタ第11番 イ長調 K.331「トルコ行進曲付き」
アダージョ ロ短調 K.540
ロンド ニ長調 K.485

イリーナ・メジューエワ(ピアノ)

録音 : 2020年9月16-17日、新川文化ホール(富山県魚津市)

配信レート : 96kHz/24bit

ロシア生まれのピアニスト、イリーナ・メジューエワさんのピアノを初めて聴きました。これも配信サービスのお陰です。メジューエワさんは日本コロムビアの録音プロデューサーとご結婚され、現在は京都を中心に活動されているようです。

名前だけは以前から知ってはいたものの、彼女のCDを購入した事がなく、一枚くらい購入してみようか・・・と思いながらも未だ一枚も購入していません。最近はハイエンドオーディオ誌「STEREO SOUND」がタイアップしてSACDが発売されたりしているのは知っていました。

Amazon Music HDのお試し期間にいろいろと聴いてみようと思い、メジューエワさんのピアノを思い出し、最初にモーツァルトのピアノ・ソナタを選んで聴いてみたのです。

いやいや素晴らしい演奏ですね。参りました。大好きな第16(15)番、レイ・チェンのモーツァルトと同じく、実に新鮮に聴く事が出来ました。「トルコ行進曲付き」の演奏では、「おお! こういう弾き方をしますか!」と。この曲は前打音をどう弾くかでピアニストの個性が出やすいのですが、メジューエワさん、素晴らしいです。

しかし、もっと大きな感動を受けたのは・・・、

5510

ショパン

ノクターン全集(全21曲)
3つの新練習曲
プレリュード ホ短調

イリーナ・メジューエワ(ピアノ)

録音 : 2016年6月18日、東京文化会館・小ホールでのライヴ録音

配信レート : 96kHz/24bit

このライヴ録音のショパン/ノクターンです。

一曲目の演奏も素晴らしいのですが、有名な三曲目の変ホ長調、聴いていて思わず涙が出て来てしまいそうな深い感動を覚えました。ショパンのノクターンと言えばこの曲を指すくらい有名ですが、ここまで深い感動を最近になって受けるとは思いも寄りませんでした。

イリーナ・メジューエワさん、こんなにも素晴らしいピアニストだったのですね。関心はあったものの、演奏を一度も聴いていなかった事を恥じるとともに、食べず(聴かず)嫌いの自分に呆れてしまったものです。

Amazon Music HDですが、無料お試し期間が過ぎてもこのまま継続しそうです。(笑)

« レイ・チェンとの出会い | トップページ | 巣立ち間近 »

コメント

 おはようございます。

 Amazon Music HD・・・活躍していますね。
 お気に入りの紹介、参考になります。

 mora qualitasですが、月に1枚お気に入りのアルバムが見つかったら・・・
 「元が取れた」と、妻によく言っておりました。KONDOHさんの場合だと、有料だったとしても、元が取れただけでなく、かなり儲かっていますね。

 私ですが、昨日moraを一旦解約しました。その時、気になったのが、ノルウェーのシセルでした。amazonであるかと検索したら該当なし。おかしいと思い、Sisselで検索したらOKでした。moraより入っているのが多かったです。
 amazon・・・お客様へのおすすめ・・・結構あり、つい聞いてしまいます。
 

fujileica(pyosida)さん、おはようございます。
Amazon Music HDは充分元が取れそうです。(笑)
で、現在キャンペーンで四ヶ月の無料お試し期間を開催中ですが、私は大分前にHDではないAmazon Musicを一度試した事があったので、無料お試しは一ヶ月でした。
ですが、このまま継続致します。
mora qualitasですが、こちらは正直ダメですね。とにかくアプリの動作がもっさりしていて、イライラしてしまいます。
それとハイレゾ音源もAmazon Music HDの方が多いようです。
シセル、検索して少し聴いてみました。オペラのアリアなども歌っているのですね。美しい声で気に入りました。(^^)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« レイ・チェンとの出会い | トップページ | 巣立ち間近 »