« 寺内タケシさん逝く | トップページ | One day »

2021年6月25日 (金)

マーラー/交響曲第7番

5523

マーラー/交響曲第7番 ホ短調「夜の歌」

第一楽章 : 27分52秒
第二楽章 : 22分11秒
第三楽章 : 10分32秒
第四楽章 : 15分48秒
第五楽章 : 24分19秒

オットー・クレンペラー 指揮
ニュー・フィルハーモニア管弦楽団

録音 : 1969年9月

Warner Classics 50999 2 48398 2 2(CD)

クラシック音楽にご興味のない方にとっては、マーラーって誰?

と、おっしゃるかもしれませんが、クラシック音楽を長い間聴いて来た私にとっても馴染みの薄い作曲家なのです。モーツァルトやベートーヴェンの音楽とはまったく違います。

ちなみにマーラーは1860年7月7日生まれで、1911年5月18日に没しています。ですから20世紀初頭まで活躍していた作曲家であり、有能な指揮者でもあったのです。

マーラーは番号が付されていない交響曲も含めると10曲の交響曲を残しています。第8番の後に「大地の歌」という交響曲を作曲しているので「大地の歌」が本来なら第9番になるのですが、歴代の作曲家が第9番を完成した後に亡くなる事が多く、マーラーは縁起をかついで「大地の歌」には番号を付けなかったのです。

「大地の歌」の後に作曲した交響曲を第9番としたのですが、何と第9番を作曲した後に亡くなってしまったのです。9という数字の呪いでしょうか?

私はマーラーの交響曲については第7番と第8番だけは聴いた事がありません。世界的なマーラーブームで多くの指揮者が演奏会やレコーディングを行い、夥しい数のCDが発売されています。なのに、私はマーラーが苦手で・・・。

マーラーは、「やがて私の時代が来る」と言い残して亡くなったそうで、実際その通りになったのです。

つい最近、ようやく・・・本当にようやくと言って良いと思います、初めて第7番を聴いたのです。マーラーを苦手としている私としては、一大イベントでした。(笑)
副題に「夜の歌」と付いているのは作曲者自ら第二楽章と第四楽章に「ナハトムジーク(夜曲)」と楽譜に記しているからです。

実は図書館からマーラーの音楽(と録音)について書かれたムック本を借りて来まして、事前にマーラーの交響曲を少し勉強しました。何回か聴いている交響曲(第1、2、4、5、9番)についてはある程度理解してはいますが、未聴の第7番、第8番は本当に知識がないのです。

で、今回私が聴いた演奏は以前、音楽CDの価格崩壊について記事で採り上げていた往年のドイツ人指揮者、オットー・クレンペラーが英国のニュー・フィルハーモニア管弦楽団を指揮した録音です。

ジャケット写真下、全五楽章の演奏時間をご覧ください。約100分、休憩を取らずにぶっ続けで聴き通しました。マーラーの交響曲は金管楽器を多く要しますが、この曲ではテノールホルンという珍しい金管楽器が使われています。その他に大太鼓、小太鼓、グロッケンシュピール、カウベルと、凄い編成です。

初めて聴いた第7番は私にとって掴みどころのない交響曲でした。まぁ、初めて聴いたわけですから仕方ないですね。クレンペラーの演奏はムック本によると他の指揮者に比べると大変遅いそうです。しかし、他の演奏を聴いた事がないのですからクレンペラーの演奏が遅いかどうかなんて分かりません。

拙宅にはマーラー指揮者として有名なバーンスタインの新旧二種の録音がありますので、いずれ聴いてみたいと思います。マーラーの交響曲で聴いていないのは第8番だけになりました。この交響曲は「千人の交響曲」という副題が付いていまして、オケと合唱団を合わせると千人近い人を要する事からの副題です。演奏も録音も大変です。聴くのも大変だと思いますが。(笑)

今日は初めて聴いたマーラーの交響曲第7番の試聴記、いや試聴記になっていませんね、長大な交響曲第7番のご紹介でした。

« 寺内タケシさん逝く | トップページ | One day »

コメント

 こんばんは。

 マーラーは、本当に少し・・・最初の方を聞いただけです。
 こちらの環境もありますが、交響曲は苦手です。マーラーは、特に苦手・・・一度はちゃんと聞かないといけませんね。

 iFi AudioのZEN DACですが、本日注文しました。明日、到着予定です。ヘッドホンアンプ内蔵なのでこちらも楽しみです。

fujileica(pyosida)さん、こんばんは。
マーラー、苦手ですか。
私も本文に記したように苦手なんです。
であるのにバーンスタインの全集を買い求めています。いつか聴いてみよう、いつか聴いてみよう・・・と思いながら何年も経っています。(笑)
ところでZEN DACを購入されたのですか。責任が重いですね、私。(^^;
中華製もいろいろ出ているようですが、ZEN DACも良いと思います。現在のはV2になってハイレゾの新フォーマットMQAに対応しました。

 こんばんは。

 DACですが・・・iFi ZEN DACのホームページの動画も見て決めました。
 「責任が重いですね」・・・ですが、気にしないでください。


 私の場合、KONDOHさん経由で、音楽関係を購入しています。感謝しております。

ZEN DACは自分が使ってみて、価格以上の機器と感じております。
楽しんでください。

ご無沙汰しております。
このクレンペラーのジャケット写真を拝見して見覚えがあるなとCDラックで探しましたら、交響曲2,4,7&9,大地の歌の6枚組ボックスがありました。
久しぶりに聴いてみようと思います。
7番について、ある評論家が20回は辛抱して聴くべきだとガイド本で書いてますした。

yymoonさん、おはようございます。お久しぶりです。
マーラーの第7番、20回辛抱して聴くべきですか。
確かにそのくらい聴けば長大な曲も理解出来るでしょうね。ベートーヴェンの運命なんて何百回と聴いていますから、充分身に付いております。
頑張らないといけませんね。(^^;

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 寺内タケシさん逝く | トップページ | One day »