« ジャケ買い | トップページ | Amazon Music HD VS mora qualitas »

2021年6月15日 (火)

高音質ストリーミングサービスを試してみる

5497
Amazon Music HD(高音質ストリーミング配信)

音楽、映像の配信サービスをご存知ない方はいらっしゃらないと思います。

自分の場合、音楽については未だ聴き切れないほどのCD、SACD、アナログレコードを持っている事もあって、ストリーミングサービスについては静観していました。

ですが、もし自分が聴いて(試して)みるならロッシー音源の配信ではなく、少なくともCDクオリティ以上、ハイレゾ音源の配信サービスにしたいと思っていました。

で、現在無料お試し期間の延長キャンペーン中という事なので、Amazon Music HDを試してみる事にしました。

5498

Amazonが提供している専用のアプリケーションを愛用のMacにインストールし、音楽オーディオ用USBケーブルでMacと愛用のUSB-DACを接続。日頃楽しんでいるアンプ、スピーカーで本格的に試聴しているわけです。

いろいろ検索してみると結構多くのアルバムを見る事が出来ます。もし、音楽雑誌等で興味を持ったCDを見つけたなら、この配信サイトで試し聴きし、気に入ったらディスクを購入すれば費用の倹約になりますね。もちろん該当の音源が配信されている場合に限りますけど。

↑ 上記バーンスタインのベートーヴェンは拙宅のオーディオ用NASにリッピング音源が入っていますので、そのリッピング音源と配信とを聴き比べてみようと。

5499

こちらは私がジャズを聴くようになった切っ掛けを作ってくれたピアニスト、バド・パウエル晩年のライヴ音源です。大分前にレコードを売却していますので、久し振りに聴いた事になります。ですが、好みが変化しているのか、以前ほどの感動は受けなかったです。

5500

バド・パウエルと同時代に活躍したピアニスト、セロニアス・モンクのリーダーアルバムを一枚も購入した事がないので、現在試し聴きをしているところです。私にとってモンクはピアニストというより、名曲を幾つも作曲した天才という印象を持っています。

バド・パウエルが晩年、モンクの曲を中心に演奏したパリでのライヴ録音(上記のライヴとは別録音)のレコードがFMで流されていて、偶々流し聴きしていたものの、その演奏にすっかり魅了されたのでした。それがジャズを聴く切っ掛けになったというわけです。

こうしたストリーミングサービスは気軽に未知の音楽家を聴く事が出来るので、便利と言えば便利ですね。

5501

検索したら、倍賞千恵子さんのアルバムもありました。私、倍賞千恵子さんの歌が大好きなんです。とにかく声が美しいです。(^^)

取り敢えず、しばらく利用してみてから継続するかどうかを決めたいと思います。

« ジャケ買い | トップページ | Amazon Music HD VS mora qualitas »

コメント

 おはようございます。

 amazonは、圧倒的な曲数の多さが魅力ですね。
 現在、mora qualitasに加入していますが、入る時amazon Music HDと比べました。その時ですが、オーディオにつなぐとamazonの方は、硬いというか音域が狭いというか、しっくりきませんでした。
 moraの方は、くっきりはっきり・・・SACD並・・・と感じました。

 ただし、ミュージックプレーヤーやスマートフォン、イヤホンで聞くときは、差はあまり感じませんでした。
 その後、moraはソフトが変わり、音も変わったので、amazonも変わったかもしれません・・・。
 moraで1か月の無料期間があれば、試してください。

fujileica(pyosida)さん、おはようございます。
Amazonとmoraをハイレゾのフォーマットで比べてみたら、Amazonは192kHz/24bitまで対応しているのですが、moraは96kHz/24bitまででした。
ですが、ネット経由ですから192kHzと96kHzとで果たして音質差を感じるかは疑問に思っています。
一ヶ月の料金についてはAmazonが値下げしたらしく、継続利用の場合「980円/月」のようです。
moraも最初の一ヶ月は無料お試し期間がありますので、試してみたいと思います。ありがとうございます。

Amazon Music HDですが、FLAC 192kHz/24bitが自分のMacではCDクオリティの44.1kHz/16bitにダウングレードされるので「あれ?」と思ったのですが、調べたらMacの外部オーディオ設定がデフォルトの44.1kHz/16bitのままでした。(笑)
なので、384kHz/24bitの設定に改めましたら、192kHz/24bitの音源はそのまま問題なく再生出来るようになりました。

 こんにちは。
 私が聞き比べたのは、20年の3月です。その頃のネットの評判では、音質はmoraの方を上にしていました。
 当時書かれていたのは、moraには排他モードがありamazonにはないというものでした。

 しかし、無料1か月のHDに加入したら、amazonでも排他モードが設定できるようになり、オンにしたら音質も変わりました。
 排他モードなしとありを聴き比べだら、昨年3月のmoraとamazonの違いに似ておりました。

 KONDOHさんのMacの設定のように、amazonのソフトの設定や機材で、随分違うようです。
 ・・・昨年は、amazon Music HDは1780円だったのですが、今は780円。unlimitedの1000円分は、なくなったのでしょうか・・・。780円の追加ならば、継続したいです。

 moraですが、慣れているせいか若干広がりや奥行きがあるように感じました。amazonだと2-3目盛りボリュームを上げてしまいます。

午前中、moraに登録しましてアプリをインストールしました。
で、早速Amazonとmoraとで聴き比べをしたところ、弦楽器の響きはmoraの方に軍配が上がります。艶やかですね。
対してAmazonの方は若干高域がしゃくり上がったような響きでして、fujileica(pyosida)さんがAmazonの方が硬いとおっしゃる原因のひとつではないかと思いました。
もちろん聴き比べは両者CDフォーマットの音源を選んでおります。
肝心のハイレゾ音源はそれぞれ違いがありまして悩ましいところです。AmazonはハイレゾなのにmoraはCDフォーマットだったり、また逆もあるのです。(笑)
moraはソニーですからSACDで発売されている音源はCDフォーマットのままだったりします。SACDを売りたいからでしょうか。ところがAmazonはそうした音源はハイレゾです。

料金ですが、AmazonはAppleミュージックがハイレゾ対応するにあたり、対抗手段で値下げしたらしいです。プライム会員は780円のようですが、私はプライム会員ではないので980円になります。

クラシック中心の自分としましては音源に拘ると両者一長一短であります。料金は問題なくAmazonですが。

追伸 : 排他モードについてはAmazonがmoraより遅れて対応した事はオーディオ雑誌で読んでおりました。左右のステレオ感、前後の奥行き感もおっしゃる通りmoraの方に軍配ですね。

 こんばんは。何度も、恐縮です。

 moraとHD・・・悩ましいですね。
 夕食時、妻が好きな小田和正をHDで聞きました。昨年の3月に聞いた時、妻は「これ誰」と言いました。小田和正の曲を別な人が歌っていると、思ったのです。

 moraですが、小田和正は最近1曲だけがやっと聞けるようになりました。他は、全く聞けません。
 今回、HDの排他モードだと、メリハリが効いていました。
 amazonの場合、曲によって歌詞が出てくれるのは、良いですね。曲に沿って、歌詞が流れてくれるので、覚えやすいです。

 moraは、たまに滑ります。ソフトの出来があまり良くないのか、うわんうわんうわんと空回りするのですが、これ耐えられません。
 妻が、「滑った」「なんとかして」とよく言っております。気持ちが不安定になりますので・・・。

 安さと安定では、amazon HD。心地よい音ならば、moraでしょうか。HD・・・1か月の無料期間聞いて、良ければ延長します。
 ブログで教えてくださり、ありがとうございました。おかげで、HDを聴くことができました。

fujileica(pyosida)さん、こんばんは。
moraはたまに滑りますか。
今日、少し使っただけですが、今のところ不具合はなかったです。これからどうなるか分かりませんが。
Windowsをお使いの方は排他モードは絶対必要ですよね。Amazonが後から採用したのは多分、Windowsユーザーからの要望が多かったからでは?
無料期間にいろいろと聴いてみたいと思っています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ジャケ買い | トップページ | Amazon Music HD VS mora qualitas »