« 生活感 | トップページ | 撮り鉄のマナー »

2021年8月26日 (木)

フラッグシップモデル

5722
Accuphase DP-1000 + DC-1000

日本を代表する高級オーディオメーカー、アキュフェーズさんは来年創立50周年を迎えます。その50周年を記念した製品として既にプリメインアンプ E-800、プリアンプ C-3900が発売されていますが、今月SACD/CDプレーヤーシステムのフラッグシップ(上記写真)が発売されました。

E-800はプリメインアンプ(Aクラス)の、C-3900はプリアンプのフラッグシップモデルですから、50周年記念モデルはそれぞれのシステムのフラッグシップを発売する予定なのでしょうね。11月にはプリメインアンプ(ABクラス)のE-5000(全くのニューモデル)が予定されています。これでプリメインアンプに関しては出力方式の違い(A級、AB級方式)によるフラッグシップモデルが揃う事になります。

一昨年、試聴会で顔馴染みとなってしまった営業のO氏と秋のオーディオショーでお会いした時に、「A級のフラッグシップモデルを発売されたのですから、次はAB級のフラッグシップモデルも出して頂きたいですね」と要望したのですが、本当になってしまいました。勿論、私が要望したからではないですが。

5723
DP-1000

こちらはSACD/CDドライヴ機DP-1000の天板を取り去った写真ですが、アキュフェーズさんの製品はどれも内部がとても綺麗に整理整頓(笑)されていますよね。SACD/CDプレーヤーだけでなくアンプ類も。他社さんは例え数百万円もする機器でも内部は配線も含め結構ごちゃごちゃしていますので。

外観の製品デザインは人それぞれ好みがあるわけですが、アキュフェーズさんの機器内部の見事さに関し否定する方はいらっしゃらないのではないかと思います。

アキュフェーズさんのライバル、ESOTERICさんも独自開発のドライヴを売りとして高級機を発売しておりますが、天板を開けると基板と配線がごちゃごちゃして見た目には高級機のイメージが湧きません(個人の感想)。

5724
DC-1000

こちらはDP-1000から送られたデジタル信号をアナログ信号に変える働きをするデジタルプロセッサーのDC-1000です。一般的に言われるDAC(Digital to Analog Converter)になります。こちらも見苦しい配線などが見える事なく、オーディオ機器としては本当に見事な出来栄えだと思います。

通常はドライヴとDACがひとつの筐体にセットで入っていて一台のSACD/CDプレーヤーとして発売されているわけですが、最高級機になると音を極める意味でドライヴとDACが別筐体として設計されています。

個人的にはこの数年、CDを購入してもオーディオ専用NASにリッピングした後に売却してしまうので、CDで直に音楽を聴く機会が極めて少なくなっています。余談ですが、私のオーディオ専用NASにはリッピングしたデジタルファイルがおよそ660GBにもなります。このNASが壊れたらショックなんてものではありません。(^^;

ですが、SACDは法律でリッピングが禁じられておりますので、SACDに関しては素直にSACD/CDプレーヤーで聴く事になります。SACD専用プレーヤーという製品は無く、CDとの兼用になっています。
※注 - SACDはデジタル信号を抜き出す事が出来ない仕様になっています。

ですから私のようなSACD愛好家にとってはSACD/CDプレーヤーが手元に無いと困るわけです。かと言って今日ご紹介したアキュフェーズさんのフラッグシップモデルなんて雲の上の製品であって、どう逆立ちしたって入手する事は不可能です。(笑)

ちなみに価格をお教え致しますと、それぞれメーカー希望小売価格は1,375,000円(税込)です。したがって両者セットでの購入価格は2,750,000円となります。勿論それぞれ単体で購入する事は出来ますが、お店で購入しますと、ここから一割引ですね。(^^)

今月まで現行のフラッグシップモデルだったDP950 + DC-950の音は一昨年のアキュフェーズ試聴会で何回か聴いておりますが、全くもって素晴らしい音を奏でていました。今回5年振りにモデルチェンジされたDP-1000 + DC-1000は更に素晴らしい音にグレードアップされている事と思われます。

最後にくだらない話題を。オーディオ評論家の中にはCDやSACDの事をCD盤、SACD盤と呼ぶ方がおります。しかし、Dはディスクの頭文字です。ディスクは円盤とか盤という意味ですから、「コンパクトディスクディスク」とか「スーパーオーディオコンパクトディスクディスク」と呼んでいる事になりますよね?
記事を読む度に違和感を感じます。(笑)

※ 製品写真はアキュフェーズさんのカタログから切り取らせて頂きました。

« 生活感 | トップページ | 撮り鉄のマナー »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 生活感 | トップページ | 撮り鉄のマナー »