« エレナ・スリオティス | トップページ | 佃公園 »

2021年10月27日 (水)

佃散歩

5884

月島から佃大橋の袂を抜けて佃公園に向かい、歩いて来ます。毎度同じコースですが。

お馴染みの赤い「佃小橋」を渡ります。

5885

ちょうどランチ時。

5886

ここも毎回、つい撮影させて頂いております。

5887

佃の住宅地から見るタワマン。主婦らしき方たちの立ち話が雰囲気良く感じます。

5888

高いところに住む人たち、下に住んでいる人たちを見下ろして優越感に浸るのでしょうか?

実はつい最近読み終えた柚月裕子さんの小説「盤上の向日葵」の中で、主役が住むタワマンのシーンでそうした言葉が出て来るのです。上下二巻、大変面白くてあっと言う間に読み終えてしまいました。電車の中で読んでいた時、うっかり下車駅を過ぎてしまうという。(^^;

松本清張さんの「砂の器」を下敷きにしたような印象を受ける作品でしたが、コンビを組んだベテランと若い二人の刑事がある有名な将棋の駒を探しながら事件の核心に迫って行くという傑作でした。

5892

5893

« エレナ・スリオティス | トップページ | 佃公園 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« エレナ・スリオティス | トップページ | 佃公園 »