« 素晴らしき歌姫(4) | トップページ | ヘルマン・プライの愛聴盤 »

2021年11月18日 (木)

夭折のピアニスト

5986

5985_2

J.S.バッハ/パルティータ第1番 変ロ長調 BWV 825
モーツァルト/ピアノ・ソナタ第8番 イ短調 K.310

ディヌ・リパッティ(ピアノ)

録音 : 1947年9月(バッハ)、1950年1月(モーツァルト)

英COLUMBIA 33C1021(10インチ フラット太溝厚盤 初出)

サーバーのメンテナンスがあり、記事のアップロードが遅くなりました。昨日、お知らせする事を忘れておりました。申し訳ありません。

以前、「ディヌ・リパッティの芸術」という記事でご紹介済みのピアニストです。その時はEMIのスタジオ録音を纏めた独EMIの箱物と、亡くなる直前に行われたリサイタルを収録した国内盤のレコードをご紹介しました。

悪性リンパ腫のため、僅か33年の生涯でした。残された録音は時代的にすべてモノラル録音ですが、音の良し悪しを超越した演奏が残されております。

で、最近の事ですが、残された録音の中でも一番聴く機会の多いモーツァルトのソナタを収めたオリジナル10インチ盤を入手出来ました。ジャケットの状態があまり良くない(裏は大変綺麗)のと、盤面に少し擦り傷があるため超格安でエサ箱に入っていたのです。しかし、私は即決しました。

帰宅後に両面とも綺麗にクリーニングしてから乾燥させ、翌日モノラル専用カートリッジ(DENON DL102)で聴いてみました。そうしたら何のことはない、多少のスクラッチノイズは出るものの、リパッティのピアノは歪む事なく両面すべて綺麗に聴こえるではないですか。

音楽を聴く上で何の問題も生じなかったです。半世紀以上も経っているレコードですから多少のノイズは仕方ないです。格安でオリジナル盤が手に入った事の方が何より嬉しいです。

試しに独EMIの再発盤と聴き比べてみました。問題なくオリジナル盤の方が音質はワンランク上です。これは一聴して直ぐに分かります。オリジナル盤の音はこんなに良い音だったんだ・・・と。東芝盤で聴いていた時は「SP復刻だろうから音が良くないのは仕方ない」と思っていたのですが、とんでもありません!れっきとしたテープ録音だったのです。

英EMIは提携各国のレコード会社にはコピーテープを送り、他国のレコードプレスには結構無頓着だったそうです。コピーテープも何世代目のものか分かりませんね、そういう事なら。その点、英DECCAは音に拘りがあり、出来るだけ自社でカッティングしたスタンパーを各国に送っていたようです。

大分前、東芝の国内盤を一枚一枚集めていたのですが、秋葉原の石丸電気さんで独EMIの再発箱物セットを入手した際、東芝盤と聴き比べてみたら東芝盤の音にがっかりしたものです。現在も所持している亡くなる直前のリサイタルを収録した東芝盤、あれもオリジナル盤を聴いたら相当違いがあるのでしょうね。

元の録音は思っていた以上に良い音で収録されていた事をこのオリジナル盤で知りました。これは良い買い物です。東芝のリサイタル盤は英EMIか独EMIの再発盤でも見つけたら放出ですね。二束三文でしょうけど。

演奏についてですが、モーツァルトのイ短調ソナタはリパッティの演奏が未だに自分にとってのナンバーワンです。他のピアニストによる名演も聴いていますけど、やはりリパッティに帰って来てしまいます。バッハのパルティータも滋味深い演奏ですから、この10インチ盤は繰り返し聴いていく愛聴盤になる事は間違いないです。

« 素晴らしき歌姫(4) | トップページ | ヘルマン・プライの愛聴盤 »

コメント

 こんばんは。

 録音はかなり前ですが、バッハ・・・いいですね。
 次は、モーツァルトを聴きます。

 レコード出ないのは残念ですが、私にはAmazon Music HDで十分です。ULTRA HDもありました。
 夜、聴くと特にいい感じです。

fujileica(pyosida)さん、こんばんは。
Amazon Music HD、本当に凄いですね。検索したらリパッティの演奏が一通りありました。
私の記事が参考になっていれば嬉しいです。
モーツァルトもバッハも夜聴くのに最適だと思います。

おはようございます。
リパッティは、この10インチとショパンのワルツが特別ですね!
(ラストリサイタルも勿論いいです)
気持ちが静かな時には、好んで聴きました。
少しだるの時は、フランソワのワルツですが、どちらも素晴らしいです。
最近は、時たまツメルマン(ツインマーマン)DGも聴いています。五味氏が晩年愛聴したとか?

Analog親爺さん、おはようございます。
まさか10インチ盤と出遭うとは思いませんでした。
先日記事にしたニルソン、ホッター盤も自分には衝撃でしたが、今回のリパッティ盤も衝撃です。
願っていると、いつか叶う時が来るものですね。
フランソワは私、一枚も購入した事がないのです。FM放送で聴いた事はあるのかもしれませんが、ほとんど未知のピアニストです。今度、購入してみたいと思います。
ツィメルマンですが、昔初来日した時の演奏会がNHKテレビで放送されました。そのテレビで見た(聴いた)ワルツ 嬰ハ短調の演奏が素晴らしくて、数日後、石丸電気さんに行って新譜だったワルツ集のDG盤を買いました。
今は髪も髭も真っ白ですね。最近、ベートーヴェンのピアノ協奏曲全集の新録音が発売されました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 素晴らしき歌姫(4) | トップページ | ヘルマン・プライの愛聴盤 »