« 夭折のピアニスト | トップページ | 素晴らしき歌姫(5) »

2021年11月19日 (金)

ヘルマン・プライの愛聴盤

5996

5997

ヘルマン・プライ/モーツァルト・オペラ・アリア集

SIDE 1
歌劇「魔笛」から
1. おいらは鳥刺し
2. 恋人か女房があれば
3. パパゲーナ!パパゲーナ!

歌劇「コシ・ファン・トゥッテ」から
4. あの男に眼差しを向けて
5. ご婦人方よ、君らはよく浮気をする

SIDE 2
歌劇「ドン・ジョヴァンニ」から
1. 酒で頭がかぁっとなるまで
2. 窓辺に出て来ておくれ、愛しい人よ
3. 君たちの半分はこっちに行って
4. はい分かりました、旦那様

歌劇「フィガロの結婚」から
5. 踊りをなさりたければ
6. もう飛ぶまいぞ、この蝶々
7. 私がため息をついているというのに
8. ちょっとは目を見開いて

ヘルマン・プライ(バリトン)

オトマール・スウィトナー 指揮
ドレスデン・シュターツカペレ

録音 : 1966年、ドレスデン

独COLUMBIA SMC 81 031(初期盤)

大分前に「私の愛聴盤 第10回」でご紹介したドイツ出身のバリトン歌手、ヘルマン・プライが歌うモーツァルトのオペラ・アリア集です。「私の愛聴盤」でご紹介した時はCDでしたがその後、思い掛けずレコードと巡り合ったのです。

私にとって初めての独COLUMBIA盤の入手でした。録音はまだ東西冷戦下だった東ドイツで行われています。指揮者のスウィトナーとオケは東ドイツですから、独COLUMBIAの録音チームがプライと共に東ドイツに出向き、東ドイツ側と共同で録音を行ったのでしょう。

となると、今日ご紹介のレコードはほぼオリジナル盤に近いのかもしれません。あくまでも個人的な想像でありますが。レーベル外周の金縁は少し色褪せていますが音には関係ないですし、何より半世紀以上も経っている中古レコードですから仕方ありません。

さて、そんな与太話はこのくらいにして、愛聴する録音のアナログレコードを入手出来た事が素直に嬉しいです。入手時、CD(現在はNASにリッピング済み)と聴き比べたのですが、やはり録音直後にカッティングされたレコードの方が鮮度は上回ります。

プライが歌うモーツァルトを最初に聴いたのはショルティが指揮する「魔笛(国内盤)」でした。陽気なキャラクターのパパゲーノが絶望して一、ニ、三と、数えながら死のうとする時のシーン。プライの悲しさを表現したその歌い方に私は大きな感銘を受け、一気にヘルマン・プライの大ファンになってしまったのです。

その後、ベームの指揮による「フィガロの結婚」でのフィガロ、同じくベーム指揮による「コシ・ファン・トゥッテ(ザルツブルク音楽祭ライヴ)」のグリエルモを聴いて、このモーツァルト三役はヘルマン・プライ以外のバリトン歌手は考えられないほどプライに入れあげるようになってしまったのです。

このモーツァルト/オペラ・アリア集はスウィトナーの指揮がまた大変素晴らしく、私はCDでも何十回聴いているか分からないほど愛聴して来ました。収められているパパゲーノ、グリエルモ、フィガロのアリアの数々、まさにヘルマン・プライらしく愛嬌があって、赤い血が通った人間味のある素晴らしい歌唱を聴く事が出来ます。

恐らくステージで演じる事は無かったと思われる「ドン・ジョヴァンニ」ですが、その中のアリアもこの録音では聴く事が出来るので大変貴重だと思います。

ジャケット写真はパパゲーノの姿ですね。これも最高!

ヘルマン・プライさんにサインを頂いているこちら ↓ のレコード(国内盤)は私の宝物。(^^)

5997_2
カール・ベーム指揮、モーツァルト/歌劇「フィガロの結婚」全曲盤

« 夭折のピアニスト | トップページ | 素晴らしき歌姫(5) »

コメント

 こんばんは。
 先ほど、バッハを少し聞きました。

 甘い歌声・・・というのが、第一印象です。「ヴォーチェス8?」と言っておりました。
 モーツァルトは、見当たりませんでした。

fujileica(pyosida)さん、こんばんは。
バッハはマタイ受難曲でしょうか?
さて、検索しましたら、今日の録音がそのまま全13曲アップされておりました。
「Mozart: Opera Arias 1970」というタイトルで、ジャケット写真は赤に近いピンク色です。
レーベルは旧東ドイツの「ETERNA」と、ジャケット写真右上に表示されておりますので、もう一度お調べになってみてください。
人気のあるアルバム〜もっと見る・・・で開きますと、ジャケット写真が沢山現れますので、少し下の方で見つけられると思います。
プライの魅了が詰まった素敵なアルバムです。

 こんばんは。

 今日の録音・・・見当たりませんでした。
 聞いたのは、Bach I ch will den kreuzstab gerne tragen.ヘルマン・プライ、ライプティヒ ゲヴァントハウス管弦楽団、ライプツィヒ聖トーマス教会聖歌隊&kurt です。

 もう一度、検索してみます。

ヘルマン・プライで検索後、「トップ検索結果」ではなく、「アーティスト」のところで、
私のところでは左から二つ目、これは「セビリアの理髪師」のジャケットですが、これをクリックします。
で、人気のあるアルバム、その後、もっと見る、をクリックするとジャケットが沢山現れます。
下にスクロールすると赤っぽいジャケットが出て来ると思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 夭折のピアニスト | トップページ | 素晴らしき歌姫(5) »