« 没個性 | トップページ | ベームのコシ、オリジナル盤 »

2021年12月 3日 (金)

絵画を集める

6052
 - バベルの塔 -(ブリューゲル作、以下同)

6053

ドヴォルザーク/交響曲第1番 ハ短調「ズロニツェの鐘」

英DECCA SXL 6288(ED3)

「絵画を集める」というタイトルですが、もちろん本物の絵画を集めているわけではありません。そもそも、そんな財力を持っていませんので。(笑)

ハンガリー出身の指揮者、イシュトヴァン・ケルテスがロンドン交響楽団を指揮して英DECCAにドヴォルザークの交響曲全9曲と管弦楽曲を録音しているのですが、それらのレコードジャケットにピーテル・ブリューゲルが描いた絵画が使われているのです。

私はそのジャケット(全10枚)を集めたくて、大分前から中古店で探しています。ただ、完全なる「ジャケ買い」なので、ジャケットの状態が良いものだけを購入するようにしています。今日ご紹介する番号以外のレコードも今迄店頭で見ていますが、自分が望む状態でないため購入を見送って来ました。

全10枚が揃ったところで記事にしようとしていたのですが、まだまだ時間が掛かりそうなので取り敢えず途中経過という事で今日記事にしました。

6054
 - 穀物の収穫 -

ドヴォルザーク/交響曲第2番 変ロ長調

英DECCA SXL 6289(ED4)

現在、第1番から第4番までと第9番の計5枚、購入出来ています。

ちなみに調べたところによりますと第7番と第8番だけが「ED1」で、その他はすべて「ED2」が初出だそうです。ですが、ジャケットの状態が良いものを探しておりますので、初出盤には拘っておりません。再発の「ED4」で充分です。その方が中古価格も安価ですし。

6055
 - 干し草の収穫 -

ドヴォルザーク/交響曲第3番 変ホ長調

英DECCA SXL 6290(ED4)

で、手元にあるのは第1番だけが「ED3」で、他はすべて「ED4」です。

6056
 - 雪中の狩人 -

ドヴォルザーク/交響曲第4番 ニ短調

英DECCA SXL 6257(ED4)

正直、ドヴォルザークの交響曲は第7番、第8番、第9番の3曲があれば充分と思っています。第1番から第6番までは作品的に物足りないですから繰り返し聴く事はないだろうという事で、中古市場価格が安価な再プレス盤「ED4」中心で探しています。そもそもジャケ買いが目的ですから。

ブリューゲルの「雪中の狩人」、中学生の時だったか教科書で見て以来、ずっと記憶に残っています。その時は誰が描いた絵だったか覚えていませんでしたが。

6057
 - 農民の婚宴 -

6058

ドヴォルザーク/交響曲第9番 ホ短調「新世界より」

イシュトヴァン・ケルテス 指揮
ロンドン交響楽団

英DECCA SXL 6291(ED4)

有名な「新世界より」です。ウィーン・フィルを振った旧盤の方が演奏もオケも自分好みですが、こちらも良い演奏だと思います。

ブリューゲルは1569年に没したブリュッセル生まれの画家です。絵画には門外漢の私ですが、何故かブリューゲルの作品に惹かれるのです。

残るは第5番から第8番までと、管弦楽曲集の合わせて5枚です。全10枚揃うのはいつになるのだろう?

« 没個性 | トップページ | ベームのコシ、オリジナル盤 »

コメント

私もブリューゲルは好きですねぇ
明日は久しぶりに成田空港に行ってJALの農家レストラン御料鶴で昼にしようかと思っています

roxanne6さん、こんばんは。
おお、roxanne6さんもブリューゲルがお好きでしたか。
良いですよね・・・、私はジャケットで楽しんでおります。
成田で昼食ですか。ひょっとして海の向こうへ、でしょうか?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 没個性 | トップページ | ベームのコシ、オリジナル盤 »