« 梟 | トップページ | 見返り美人 »

2021年12月 7日 (火)

シューマン/ピアノ協奏曲

6067

6068_02

シューマン/ピアノ協奏曲 イ短調

ディヌ・リパッティ(ピアノ)

ヘルベルト・フォン・カラヤン 指揮
フィルハーモニア管弦楽団

録音 : 1948年4月9、10日

英COLUMBIA 33C1001(10インチ フラット太溝厚盤 初出)

先日ご紹介したベームの「コシ・ファン・トゥッテ」モノラル初出盤と同時に入手したリパッティの初出盤です。こちらは700円でした。リパッティのオリジナル盤がこの安さには理由がありまして、盤に少々スリキズがあるので大特価になっていたのです。

しかし、70年以上前のレコードです。多少のスリキズは仕方ありません。以前ご紹介したバッハとモーツァルトの10インチ盤も少しスリキズがあるので格安だったわけで、今回も同じです。ただ、前回と違いジャケットは表裏とも綺麗です。

盤をクリーニングする前にノイズの状態を確認しようとステレオカートリッジ(オルトフォン MC Q20)のまま針を落としてみれば、演奏の素晴らしさに結局全曲聴き入ってしまいました。過去、東芝盤、独EMI盤で何度も聴いていたのにです。

理由は音が良かったからです。オリジナル盤はリパッティのピアノがこんなに綺麗にカッティングされていたのだと、前回のバッハ、モーツァルト盤と同じく先ず音に感動してしまったわけです。

全三楽章とも見事な演奏ですが、私は特に第二楽章に大きな感銘を受けています。リパッティの弾く弱音の蠱惑的な調べは、得も言われぬ美しさと形容して良いと思います。カラヤンもオケに対して見事な統率力を発揮していて、名演と言って良いバックアップです。

さて、盤のスリキズによるノイズですが、確かにところどころでキズの箇所でプチッとノイズが出ますが、長くは続かないので音楽の鑑賞の妨げにはなりません。クリーニング後、モノラル専用カートリッジで再度聴き通してみると、ノイズが減って更に聴きやすくなりました。購入して大正解です。(^^)

余談ですが、円谷プロの特撮テレビ番組「ウルトラセブン」の最終回で、ダン隊員がアンヌ隊員に自分の正体はウルトラセブンだと告げるシーン、その瞬間、シューマンのピアノ協奏曲冒頭が流れます。ダンに思いを寄せていたアンヌ隊員の心の衝撃を見事に音楽が表現していますが、使われた演奏がこのリパッティ、カラヤンの演奏でした。

NHK-BS 4Kで4K修復された「ウルトラセブン」をタイマー録画して見ましたけど、最近撮影したかのような見事な映像に驚きました。現在、再々放送中です。

6069

6070

シューマン/ピアノ協奏曲 イ短調
ウェーバー/ピアノ小協奏曲 へ短調

アルフレッド・ブレンデル(ピアノ)

クラウディオ・アバド 指揮
ロンドン交響楽団

録音 : 1979年

蘭PHILIPS 9500 677

シューマンのピアノ協奏曲ではブレンデル盤もお気に入りです。ESOTERICさんからSACD化されましたが、カップリングがレーベル(DECCAとPHILIPS)を跨った変則的なディスクになっており、そこに不満があります。

オリジナルはウェーバーの小協奏曲とのカップリングでして、こちらの演奏も良いのです。

ブレンデルのピアノはポリーニのような派手さはないですが、そこがまたブレンデルの魅力とも言えましょう。繰り返し聴くほど味を感じると表現したら良いでしょうか。

アバドは協奏曲の指揮は上手いなぁ・・・と、以前から感じています。もちろん交響曲や管弦楽曲の指揮が下手という意味ではないですよ。シューマンもウェーバーも見事な指揮ぶりです。シューマンの冒頭などブレンデルのピアノとオケの協奏による見事な導入で、早々この演奏に引き込まれてしまいます。

という事で、今日はシューマンのピアノ協奏曲、お気に入りの演奏をご紹介させて頂きました。

« 梟 | トップページ | 見返り美人 »

コメント

おはようございます。
両番共に愛聴盤です。
加えて、最近は、ブレンデルのB面(ウェーバー)の録音の良さに痺れています。
以前はそれほどとは思っていませんでしたが、ターンテーブルシートとカートリッジスペーサーをリプラスのSSタイプにしてからです。
それにしても、ブレンデルのピアノは素晴らしいですね。
バックハウス、フランソワ、ハスキル、アルゲリッチ、等々に勝るとも劣らぬ思いでいます。

Analog親爺さん、こんにちは。
ウェーバー、良いですよね。
ESOTERICさんからSACD化されたら、この名演がカットされてしまいました。理由が分かりません。
カートリッジスペーサーとターンテーブルシート、かなり音の変化がお有りだったようですね。そういう時は嬉しいものです。
ブレンデル、私も大好きなピアニストでして、石丸電気さんで何枚も購入しました。
アルゲリッチも同じく買い求めたものです。しかし、CDメインにした長い間にまとめて売却しました。今は大後悔しておりますが。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 梟 | トップページ | 見返り美人 »