« 巫女秋沙 | トップページ | カラヤンの「トスカ」 »

2022年2月28日 (月)

久々のエナガ

6286
シジュウカラ(スズメ目シジュウカラ科)

コツコツ音が聞こえるのでコゲラ(キツツキ類)でもいるのかと音のする方を見上げてみたら、シジュウカラでした。

6287
ヒヨドリ(スズメ目ヒヨドリ科)

いつもピーピーと大きな声で鳴いているヒヨドリです。この時は静かに物思いに耽っているような感じでした。(笑)

6288

6289
エナガ(スズメ目エナガ科)

以上、エナガです。久しぶりに遭遇しました。北海道では亜種のシマエナガを見る事が出来ますが、こちらでは普通のエナガです。

6290
ハクセキレイ(スズメ目セキレイ科)

ハクセキレイは住宅街でも公園でも、普通に見られますね。

« 巫女秋沙 | トップページ | カラヤンの「トスカ」 »

コメント

 おはようございます。
 ヒヨドリ、ハクセキレイなどは近くでよく見かけますが、他の鳥はなかなか見かけません。

 とともに、鳥撮りには・・・忍耐が必要・・・写真では短気な性格なので、なかなか撮ることができません。

fujileica(pyosida)さん、こんにちは。
そうですね、野鳥撮影は時々目指す鳥さんが現れるまで待つ時があります。
私も待つ事が嫌いなタイプでして、食事をするためにお店で順番待ちなんて出来ない人間です。(笑)
ですが、野鳥撮影では待てるのです。
とは申しても、これも限度があります。せいぜい数十分というところでしょうか。好きな人は何時間でも鳥さんを待てるようです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 巫女秋沙 | トップページ | カラヤンの「トスカ」 »