« カラヤンの「蝶々夫人」 | トップページ | 千鳥ヶ淵2022(2) »

2022年3月31日 (木)

千鳥ヶ淵2022

8349

拙ブログ、桜と言えばこちらですね。

8350

千鳥ヶ淵の桜、今年も見物して来ました。

8351

ただ、コロナ禍の中ですから、サッと歩いて終わりにしています。

8352

コロナ以前ほどではないにしろ、やはり人は多いですから。

8353

それにしても水のある風景に桜、何度訪れても自分にとって魅力的な場所であります。

« カラヤンの「蝶々夫人」 | トップページ | 千鳥ヶ淵2022(2) »

コメント

 おはようございます。

 妻とも話していました。恒例の場所ですね。
 こちらも、桜がいたるところで咲くようになりました。今日は雨・・・昨日までがよかったのかもしれません。

fujileica(pyosida)さん、おはようございます。
毎年、飽きずに訪れております。
京都の桜はもう何年もご無沙汰ですから本来なら見に行きたいところですが、コロナ禍の中、遠慮しています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« カラヤンの「蝶々夫人」 | トップページ | 千鳥ヶ淵2022(2) »