2020年2月 6日 (木)

羽田新ルート(新宿)

3839
西新宿にて

羽田空港の国際線、来月から年間通して4,000便程増やす計画だそうです。その為、南風の時は現在とはアプローチコースが変更になります。

従来は北風、南風に関わらず房総半島上空(若しくは千葉県北部)を通過するルートでした。南風の時は房総半島を通過後、東京湾を右に旋回し、湾上を左回りに飛んでB(22)コース、或いはCコース(16L)に着陸していました。もちろんD(23)コースも使われていますが。

関西方面から来る飛行機は、愛知県上空手前くらいから一旦太平洋上に進路変更し、伊豆七島上空から房総半島を左手に見ながら大きく左旋回して房総半島上空を横切るコースで羽田空港へアプローチしているのはご存知の事と思います。そんな無駄な飛び方しないで、本州上空を一直線に飛んで来れば距離も燃料も節約出来るのに、と思っている方がいらっしゃるかもしれません。

しかし、関東上空は「横田空域」というものが存在しているのです。太平洋戦争に負けた日本はアメリカ軍に進駐され、旅客機の飛行ルートはすべてアメリカの指示の元に作られていました。

で、未だ残っているのはその「横田空域」というもので、横田基地周辺の空域に関しては、日米地位協定に基づいてアメリカが支配しているのです。したがって日本国内であるのに、日本の旅客機は「横田空域」を避けて離着陸しているわけです。ですから関西方面から飛んで来る旅客機は「横田空域」に入らないよう、一度太平洋上にコースを変えているわけです。

羽田空港、都心方面に向いて離陸(Cコース34R)した飛行機は必ず右に急旋回していますよね? あれは「横田空域」を侵犯しないように急旋回しているわけです。Dコースが出来る前、関西方面に向かう飛行機も右に急旋回して東京湾から浦賀水道上空を急上昇し、相模湾上空から西に向かっていました。現在はDコースから同じコースを取っていますが。

で、羽田国際線増便に向けて日本政府は交渉の末、「横田空域」の一部を通過する許可を得、羽田空港へのアプローチコース変更となったわけです。現在南風の場合、15時から19時に限り、羽田空港への着陸便は新ルートでの試験着陸を行なっています。従来では考えられない埼玉県から都心上空を通るコースです。

中野から新宿や渋谷上空を通過します。冒頭の写真は西新宿上空を通過する旅客機を撮影しています。新宿通過時は、高度900m程のようです。品川上空では450mにまで高度が落ちていますから、結構機体は大きく見えると思います。

都心上空では羽田のAコース(16R)とCコース(16L)へアプローチする飛行機が少し距離を取り、ある程度平行して飛行する事も出来ます。この無駄のない飛行経路を取れる事によって、便数を増やせるのです。

大阪伊丹空港へアプローチ中の旅客機が、大阪駅上空を低空で通過するのと同じような感じで都心上空を通過する事になりました。

2019年11月 9日 (土)

青空を旋回して

3560
旭川空港

就実の丘を後にした途中の坂道で、遥か遠くの旭川空港でテイクオフする飛行機が見えたのです。

3561

で、またまた慌ててカメラを持って車を降りました。(笑)

3565

距離が離れているので鮮明さに少々欠ける写真になっています。

3562

右へ大きく旋回する事は分かっていたので・・・。

3563

来た来た・・・。

3564

お腹を見せて飛んで行きました。(^^)

SONY α6400
FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS

2019年11月 7日 (木)

旭山を見て

3553
JAL B767-300ER(JA655J)

就実の丘からの風景を見ようとお友だちと出掛け、現地に到着した直後、旭川空港にアプローチ中の日本航空機と遭遇。

3554

慌てて車からカメラを出して撮影!

3555

背後のアンテナが建っているお山は、今や全国区とも言って良い「旭山動物園」が在る旭山です。

余談ですが、東京オリンピックの各競技がすったもんだしていますね。オリンピックを目指しているアスリートの方々には申し訳ないですが、私は東京オリンピック開催にそもそも個人的に反対の人間なので、いっその事、もう開催を蹴っちまえば!と思うくらいで。(おお、爆弾発言)

米国ネットワークの都合で開催日が決定されるオリンピックなんて、馬鹿馬鹿しい事この上ないです。

SONY α6400
FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS

2019年11月 2日 (土)

北海道の翼

3532
AIR DO B767-300(JA602A)旭川空港にて

珍しく旭川空港で飛行機写真を。

3533

北海道がフランチャイズのAIR DOです。ランウェイ 16でテイクオフを待つB767。背景のモヤがなければ遠くに十勝岳連峰が見えるのですが。

3534

いざ発進!

3535

轟音を上げながら機体が上がりました。レンズのワイド側でもフルサイズ換算300mm相当になってしまうので、目の前通過はどアップ。(笑)

3536

厚い雲に向かって上昇。

3537

離陸後、大きく右旋回するお陰で自分の上を通過して行きました。

3538

雲を抜けると真っ青な空!

羽田に向けて、「行ってらっしゃい!」

SONY α6400
FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS

2019年10月12日 (土)

四発の轟音

3478
日本貨物航空 B747-8F(JA13KZ)

貨物専用機ですが、日本ではジャンボと呼ばれて親しまれていたボーイング B747の新型機です。

3479

四発独特の轟音を響かせて成田空港のランウェイへとアプローチ。

機体下部の緑色は公園の木々が反射しています。

3480

雨上がりの空も徐々に青色へと変化して来ました。

3481

無事ランディング!

余談ですが、新型ジャンボ機は羽田空港にルフトハンザドイツ航空機が飛来していますので、普通にウォッチング出来ますよ。

※ さて、いよいよ今日、近畿、東海、関東、東北は大変な事になると思います。横浜はどうやら直撃を受けそうです。断水になった事を考え、ミネラルウォーターを買いに行きましたがスーパー他、どのお店も完売でした。開店前に並んだ人たちに買い占められたとの事。ビックリです。どうぞ皆様もご用心くださいませ。

Canon EOS 5D Mark IV
SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary

2019年10月 8日 (火)

水煙を飛ばして

3463
アトラス航空 B747-400(N405KZ)

エンジンから出ている煙ではありません。水煙です。

雨の日でしたので、滑走路の水溜まりがジェットエンジンに吹き飛ばされているのです。

3464
アトラス航空 B747-400(N499MC)

こちらは雨が止んだ後のため、水煙も薄いですね。

昨晩、池上彰さんのテレビ番組で日航機の羽田沖墜落を採り上げていました。機長が着陸前にエンジン逆噴射の処理を行い、操縦桿を押し下げてしまった事が原因です。現在の飛行機はこの事故があってからは、タッチダウンしないと逆噴射は出来ない仕様になっています。

テレビ東京に残っている映像が流れましたが、生々しいと同時に痛々しかったです。死者24名。墜落した飛行機は着陸進入灯の横で無残な姿に。滑走路まで僅か300mだったのに。

機長の頭の中で、「死ね、死ね!」という意味の言葉が聞こえたから操縦桿を倒したという事です。もちろん精神を病んでいたからで、以後、操縦士の健康管理が厳しくなったとの事ですが、未だに飲酒問題がニュースになっていますね。お酒が好きな人の中には、自分で自分をコントロール出来ない人もいらっしゃいます。

しかし、他人の命を預かる仕事の人がそれでは困りますので。

Canon EOS 5D Mark IV
SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary

2019年9月25日 (水)

陽を浴びて

3416

飛行機撮影は個人的楽しみでやっているので、撮影の度に拙ブログに掲載しているわけではないのですが、時々はこうして・・・(笑)

FUJIFILM X-H1
XF 100-400mm F4.5-5.6 R LM OIS WR

2019年9月12日 (木)

タイ国際航空 エアバス A380

3354
タイ国際航空 A380-800(HS-TUE)

今日はタイ国際航空のA380です。成田へ行く度に見ているような気がします。

3355

拙ブログに時々コメントを寄せて頂いているroxanne6さんが、「ウーパールーパーみたい」と大分前にコメントを頂いたのですが、本当にそう見えなくもないですね。(^^;

3356

ズームレンズは飛行機撮影に便利です。このシーンはズームをワイド側にしてようやく機体の全体像を捉える事が出来ます。

個人的にタイ国際航空の紫色のカラーリングは好きです。

3357

で、こちらは目一杯テレ側に。ランディングの瞬間です。

Canon EOS-1D Mark III
SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary

2019年9月11日 (水)

アシアナ航空 エアバス A380

3349
アシアナ航空 A380-800(HL7634)

空飛ぶウミガメさんと同型機、世界最大の旅客機エアバス A380です。

3350

この日、アシアナ航空のA380も見る事が出来ました。成田ならではですね。

3351

猛烈なジェットエンジンの音と共にテイクオフ。

3352

よっこらしょ!・・・という感じで重い機体が上がります。

3353

雲に向かって・・・。勿論トリミングはしておりません。

それでも機体が大きいので、5〜6km先(滑走路の長さは4,000m)でもこれだけ大きく写せます。

今日は9月11日ですね・・・。だから飛行機写真にしたわけではありません。まったく関係はないです、念のため。

Canon EOS-1D Mark III
SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary

2019年9月 3日 (火)

日本航空 A350 XWB 就航

3334
JAL A350-900(JA01XJ)9月1日、羽田空港にて

日本航空さんが導入したエアバス社の新型ジェット旅客機 A350 XWBシリーズのA350-900型機が9月1日、いよいよ羽田〜福岡線に就航しました。12時10分発の予定が大幅に遅れています。

ちなみに日本航空さんがエアバス機を導入するのは初めての事です。

ご覧のように地上スタッフの方が一列棒状に並んでプッシュバックを待ちます。

3335

20分ほど遅れ、ようやくプッシュバックを開始しました。手前の飛行機に隠れてしまっていますが、スタッフ全員が手を振っています。

3336

操縦席からキャプテンも手を振っています。

3337

このカットと下のカットはカメラを5D4に替えています。1D3だとズームレンズのワイド側いっぱいでも機体がはみ出してしまったので。一応、全体像も撮影しておかないといけませんので。

3344

いよいよタキシングに入りました。多分、遠いDコース(関西方面はほとんど)に向かうと思われるので、羽田での撮影はここで終了です。

一目見ようと展望デッキは大変な数の見物客でいっぱいでした。

3338

A350の出発前、ターミナル内では当たり前にセレモニーが行われています。エアバス社からはCCO(最高商務責任)、ロールスロイス・ジャパンからも社長などが出席。こうしたセレモニーがあるので、就航初日は時間通りにならないものです。

3339

福岡に飛んだA350は折り返し羽田に帰って来るので、撮影ポイントで待つ事にしました。A350は当面、羽田〜福岡専用便(1日3往復)です。

羽田着16時40分の予定だったのですが、17時を過ぎても来ません。遠くのDコースに降りるかもしれないのでしっかりチェック。すると17時15分頃、ようやく遠目に機体が見えました。大幅に遅れたのは福岡でもセレモニーがあったからでしょう。

3340

う〜ん・・・カッコいい!(^^)

3341

頭上通過をアップでパチリ!

3342

ウィングレットも赤色。

3343

時間が時間なので、西の空が幾らか染まり始めています。そちらに向かってランディング!

いや〜・・・忙しい一日でした。(笑)

Canon EOS-1D Mark III
Canon EOS 5D Mark IV
SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary

より以前の記事一覧