2017年7月 8日 (土)

お休みのお知らせ

0553

0554
以上、新宿御苑にて撮影

本日より11日(火曜日)まで、ブログをお休みさせて頂きます。

12日(水曜日)からまた再開しますので、よろしくお願い申し上げます。

SONY α7 II
50mm F1.4(SAL50F14)
LA-EA4

2017年3月11日 (土)

もう六年・・・

0051
2011年7月25日、宮城県南三陸町にて撮影

あれから、もう六年が経ちました。

オリンピック、オリンピックと浮かれてはいられない状況(原発事故含め)が今の日本だと思うのですが。

今日は以上です。

2017年1月 5日 (木)

謹賀新年

Img_1701
鎌倉・稲村ヶ崎海岸にて(iPhoneで撮影)

新年明けましておめでとうございます。

今年は天候に恵まれたお正月を迎える事が出来、清々しい気持ちになりました。今年こそは災害のない年になると良いですね。

正月といえば、毎年楽しみにしているのが箱根駅伝です。青山学院大学、三連覇おめでとうございます。今や敵なし・・・というところでしょうか。地元、神奈川大学も頑張りました。12年振りにシード権を取りましたので良かったです。

私事ですが毎年、大晦日はベートーヴェンの第九交響曲を自宅で聴いて過ごす事が定番なのですが、昨年は自宅ではなく、移動中にウォークマンを使ってイヤホンで第九を聴いておりました。

一昨年、自宅で聴いた演奏はカール・ベーム指揮、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の演奏でしたが、昨年はレナード・バーンスタイン指揮、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団による演奏でした。奇しくも、二年続けてウィーン・フィルの演奏になりました。いずれも録音は古いですが。

で、本年最初に聴いた音楽は何かと申せば、またもウォークマンを使う事になりまして、女流ピアニストのマリア・ジョアオ・ピリスによる、モーツァルトのピアノ・ソナタ第11番「トルコ行進曲付き」でした。音楽はやはり自分にとって無くてはならないものですね。本年も良い演奏に出会いたいものです。

カメラに関しては、来月横浜で開催される「CP+ 2017」に向けて、各社からまたいろいろと出て来そうですね。楽しみにしたいと思います。

私のお年玉はこれです。

P1000495
ONKYO DP-X1A(デジタルオーディオプレイヤー)

昨年10月31日に発売された製品ですが、高くてとても手が出なかったのです。それが正月特価という事で、某量販店で44,000円の10%ポイント還元。店頭で価格コムの最低価格を調べたら57,000円だったので・・・(笑)

昨年のお年玉はパイオニアのヘッドフォン・アンプ U-05でしたから、二年続けてオーディオ関係となりました。(^^)

それでは皆様、相変わらず雑多な記事が続きますが、本年も拙ブログをよろしくお願い申し上げます。

2016年12月17日 (土)

It's a Sony

Img_1665

銀座ソニービルが建て替えのため、入場出来るのは来年3月までのようです。4月からビルの解体工事が始まり、2018年夏にリニューアル・オープンの予定です。

知らなかったのですが、現在のソニービルって50年も経っているのだそうです。ビックリです。

解体を前にして、ソニーの「過去・現在・未来」をテーマにした展示を開催中です。ソニーブランド、私も好きでしたので、足を運んでみました。

Img_1621

ビデオテープレコーダーです。ビデオテープレコーダーが世に出るまで、テレビ放送はほとんどが生放送だったそうですよ。ドラマですら生放送。NGを出せないから俳優さん、女優さんはプレッシャーがあったでしょうね。

Img_1628

民生用に発売されたベータマックス方式のビデオレコーダー。

Img_1632

アナログ録音方式時代、こうしたオープンリールのテープデッキで録音されていたわけですね。これは民生用のテープデッキです。

Img_1634

ソニーブランドを代表するテレビモニターのプロフィール。素晴らしいデザインですね。まさにソニー・デザインです。テレビを見るには別途TVチューナーを用意する必要があります。

Img_1636

アナログレコードが昨今ブームになっていますが、今度はカセットテープがブームになっているようですね。

Img_1642

ソニー製デジタルカメラのマビカです。3.5インチのフロッピーディスクに画像を記録する方式。こういう時代もあったのですね。デジタルカメラ黎明期の製品。

Img_1646

こんなのがブームになった事も・・・。

Img_1653

民生用として世界初のハイビジョンビデオカメラ。これはベストセラーになりました。

ミニDVテープにハイビジョン記録する方式ですが、今はSDカードなどのメモリに記録するのが当たり前になっていますね。しかし、一世を風靡したテープ記録方式です。

Img_1664

使用メディアの変遷はあるにせよ、WALKMANを知らない人はいないでしょう。とにかく小さく、高性能な機械を作る事にかけては世界一のメーカーですね。

まだまだ沢山撮影しているのですが、すべてをご紹介するのは無理なので、是非ご自分の目でご覧になってみてくださいませ。

2016年10月24日 (月)

自然災害の怖さ

Dscf1098
北海道某所にて

北海道を車で移動している途中、台風の大雨が原因となった土砂崩れの現場を偶然通り掛かりました。改めて間近に見ると、自然災害の怖さ、恐ろしさを知る事に。

そもそも台風が北海道に上陸する事自体珍しいのに、今年は何と四つも上陸しました。随分前から地球環境が変わって来ている事が言われていますが、実際そうなのでしょう。

Dscf1100

土砂で押し流された建物。凄いですよね・・・。

地球温暖化が叫ばれて久しいですが、車の排気ガスもその一因ではないかと個人的に思っています。自動車産業と共に経済が活性化されて来た事は事実ですが、その代償が今訪れているのでしょう。

Dscf1102

大きな排気量の車なんて要らないのではないでしょうか。少ない排気量で電気で走り、スピードなんて出なくても良いのです。それが地球環境を守るひとつの手立てだと思います。もちろん工場の排煙の問題もありますけど。

しかし、今年は自然災害の多い年ですねぇ・・・。鳥取での大きな地震、事前に或る程度は予想されていたそうですが、「明日は我が身」という事をいつも忘れてはならないと思います。

2016年9月30日 (金)

40年お疲れ、両さん!

35240
JR亀有駅南口にて

人気漫画、「こちら葛飾区亀有公園前派出所」が40年の連載を持って終了した事は大きなニュースになっているのでご存知だと思います。私はNHKのテレビニュースで知りました。凄いですよね、NHKが7時のニュースで採り上げたのですから。(^^;

35241

こち亀のコミックス、ギネスにも認定されたという第200巻が最後となったようです。

35250

主人公、両津勘吉の破天荒なキャラクターは実にユニークでした。

そうそう、寅さんシリーズのお陰で柴又が全国区になったように、こち亀のお陰で亀有が全国区になりましたね。

35277

亀有公園のベンチで寛ぐ両さんです。(^^)

ちなみに、亀有公園は実在しますが、派出所は前に在りません。

35283

公園内に立っている、両手ピースの小さな両さん。

35287

現在の亀有駅は連載終了を知った多くの観光客でごった返しています。(^^;

35291

駅構内の階段はユニークな絵が、そして改札口を出たフロアはこのようになっています。

35298

私が亀有駅に降り立ったのは今回が3度目。(^^;

35289

40年、騒がしてくれてありがとう! 両さん! ( ^_^)/~~~

FUJIFILM X-T1
XF 35mm F1.4 R

2016年9月 7日 (水)

雑談

Dsc03298

今日はひとり雑談です。いや、ぼやき・・・かも。(^^;

富士フイルム製品の事
コンパクトデジカメ X100のバッテリーチャージャーがこの春壊れました。充電しようとバッテリーをチャージャーに装着すると、電源ケーブルが繋がれていないにも関わらずチャージランプが点灯するのです。で、六本木の富士フイルムサービスで診てもらうと故障だそうで、その場で新しいチャージャーを購入しました。

ところが先月、その購入したばかりのチャージャーも同じ現象が現れ、充電出来なくなったのです。仕方なしにまた六本木へ。しかし、購入時のレシートはすでに持っていないので、レシートの提出を求められたらどうしよう・・・と思いながらサービスカウンターへ。

こちらの心配をよそに、「これは申し訳ありません」と、直ぐに代替品と交換してくれました。ふたつの個体で同じ不具合。もしかしたら他のユーザーさんも同じ不具合に見舞われているのかも、と思ってしまいました。

私と富士フイルム製品とは相性が悪いらしく、購入品(X100は頂き物)のほとんどで嫌な思いをさせられています。実例を挙げておきます。もちろんすべて新品購入品です。

Xマウントレンズ
レンズ1. 元箱を開け、包装からレンズを出してみると、何と鏡胴に目立つ凹み傷がありました。
レンズ2. 元箱を開けたら、付属のフードが入っていませんでした。
レンズ3. 前玉の後ろに100人が見たら100人全員が分かるほどの大きなゴミが。

以上、作り話しなんかではなく、事実です!
こんな事、他社では有り得ないと思います。購入間隔は空いていますが、3本購入して3本とも不具合有り、なんて普通は考えられませんよね。

他のユーザーさんはどうなのかと価格コムのレンズ掲示板を覗いてみたら、有るは有るは・・・(笑)
富士ミラーレスカメラのユーザーさん、不具合に遭っている人が多いのですね。他社とは比較にならないほど。レンズ内にチリやゴミが入っているのは枚挙に暇がありません。その他片ボケに関しても。まあ、チリやゴミは使っているうちに混入するものではありますが。

「え! ホントに・・・?」と思ったのが、レンズのマウントを止めてある4本のビスが4本とも緩んでいたという書き込み。当然マウントはぐらついています。更に驚いたのが、55-200mmのレンズを購入したら、18-55mmの保証書が入っていたという人も。

こうした事は私の3本も含め、検品していれば絶対に分かるはずです。これはもう、一切の検品をしていないと言わざるを得ません。

掲示板に、購入したレンズのゴミ清掃をサービスでお願いしたら、「この程度では撮影に影響ありませんよ!」と言われた人が。おそらく持ち込んだ方もそんな事は百も承知だったと思います。売り手がそういう事を言ってはいけませんね。車に例えれば、新車を購入したらシートに小さなシミが有ったとして、それを販売店側が「走行にはまったく影響ないですよ」と言っているのと同じ。(笑)

フジノンブランドのレンズ描写力は大変素晴らしいです。そこに私も惚れています。しかし、レンズ設計のエンジニアさんが優れていても、そのレンズ製造部門の「質」が最低ではフジノンブランドが泣きます。日本製を「売り」にしているメーカーさんですから、「中国製より酷いな」と言われないようお願いしたいです。

Dsc03315

税込み表示か税抜き表示か
消費税が8%に上がってから、価格表示を「税抜き」で表示するお店が出て来ました。「端数価格表示(980円とか9,980円とか)」と同じで、見た目、安く思わせる商売方法ですね。

しかし、個人的に「税抜き表示」は実に姑息な手段と思っています。基本、私は「税抜き表示」のお店では買い物をしないようにしています。何か・・・腹立たしいので。(^^;

以前、川崎駅西口で映画を観た帰り、カメラの購入目的で同じ建物下のビックカメラさんに入りました。そうしたらヨドバシカメラさんより売価が安いではないですか。「ラッキー♪」と思いながら購入しようと近くの店員さんを呼ぶと、その店員さんが「ありがとうございます。それでは税込みで○○○になります」と。

「え!?」と思って改めてプライス表を確認すると、大きな金額数字の横に小さく(税抜き)とあり、その右下にこれまた小さく(税込み価格)が表示してありました。

その表示に気が付かなかった私も私ですが、姑息な表示方法にイラっとして(笑)、ビックカメラさんでの購入はパスしました。前述の通り、税抜き表示のお店では購入しない主義なので、駅反対の東口に在るヨドバシカメラさんまで歩いて行き、結局ヨドバシカメラさんで購入した次第。ヨドバシさんは税込み表示。

横浜野毛に在る老舗カメラ店さんも税抜き表示ですが、こういう商売は止めて頂きたいですね。私ひとりが反発しても何もなりませんが、小さな抵抗です。(笑)

写真は六本木へ出向いた時のものです。

SONY α7 II
Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA

2016年8月 8日 (月)

iMacの4Kモデルがキター・・・(^^)

P1000438

5年振りにMacを買い換えました!

Apple Storeで少しカスタマイズしましたので、発注から丁度一週間で拙宅に届きました。で、今日の記事はその21.5インチ iMac 4K(4096x2304)モデル、開封の儀を。(^^;

P1000440
モニター部分が薄い!

新しいMacの箱を開ける時って、どうしていつもワクワクするのでしょうかねぇ?

小さな子どもが欲しい物を親からプレゼントされた時と同じ気分かも。(^^)

P1000447

5年間、この Mac mini を使っていました。その前は27インチの iMac だったのですが、27インチはデスクの上で使うには大きかったです。

で、5年前に三菱製の23インチモニターと一緒に Mac mini に買い換えたのでした。

P1000445

Mac mini と一緒に使っていたApple Wireless KeyboardとMagic Trackpadです。AppleのTrackpadを使い慣れてしまうと、マウスが不便に感じて使えなくなりました。(^^)

P1000448

さて、ダンボール箱、元箱の二つを開梱してようやく iMac を出しました。ディスプレイ部分は薄い不織布に包まれていましたのでそれを取ってみたら、更にこのように透明セロハンに包まれています。

P1000450

iMacの背面です。りんごマークが良い感じ!(^^)

P1000452

これが同梱されていた新しい Magic KeyboardとMagic Mouse 2です。

P1000454_2

キーボードとマウスが入っていた箱ですが、Macユーザーにはお馴染みのりんごシールも。それとLightningケーブルも入っていました。

「新しい」と申しましたが、Magic Keyboard、Magic Mouse 2になって電池が内蔵になったのです。要するに充電式。今までは乾電池を入れていたのですが、充電式になったのは良いですね。なので、Lightningケーブルが同梱されていたわけです。

P1000459

上が今まで使っていたApple Wireless Keyboard、下が iMac に同梱されていたMagic Keyboardですが、更に薄く軽くなりました。(^^)

P1000456

取り敢えず起動させてみたのがこの画面。購入した iMac は4Kモデルなので、拙宅初の4Kモニターとなりました。

Macmini

これが5年使って来た Mac mini の仕様です。CPUはデュアルコアです。フルHDモニターのスクリーンショット切り出しですが、きめが粗いですね。下のRetinaモニターからの切り出しと比べると歴然!

Mac mini ..... デュアルコア 2.3GHz Intel Core i5
iMac ............ クアッドコア 3.1GHz Intel Core i5

CPUの違いです。Core i7も選べるのですが、4K動画を凝った編集でもしない限り、i5でも充分ではないかと。何より今まではデュアルコアでしたが、今度はクアッドコアになっていますし。

P1000462

で、早速「移行アシスタント」を使って今まで使っていた Mac mini の環境を iMac へ。設定データ、書類、アプリケーションetc.を転送。

事前に Mac mini をダイエット(写真データ等)しておきましたので、転送データは約350GBです。転送に掛かった時間は3時間半程でした。Wi-Fiを使って3時間半ですから、Thunderboltケーブルを繋いでやっていれば時間はもっと短縮出来たでしょう。

何故Wi-Fiで転送したか。それはただ単にThunderboltケーブルを持っていなかったからです。(^^;

Imac4k
Apple Storeより写真を借用

さて、全データを転送し終わってから iMac を使ってみると・・・何もかもがメッチャ速い!

気になるストレージ、デフォルトは1TBシリアルATAドライヴですが、それを1TB Fusion Driveに変更しています。

Fusion Draiveに変更したお陰で、OSの起動時間の速さに感動しました。(笑)

しかし、ひとつ失敗を。メインメモリはオンボード8GBなのですが、増設スロットが当然有ると思ってデフォルトのままにしました。購入後、自分でメモリを増設するつもりだったからです。

ところが・・・、27インチモデルはメインメモリを増設出来るのですが、何と21.5インチモデルはオンボードメモリだけで、増設スロットが用意されていないのです!

この点は下調べが万全でなかったのが悔やまれます。従ってメインメモリは今後もデフォルトの8GBで使って行かなければなりません。

ですが、ひと通り自分が使っているアプリケーションを立ち上げてみたら、不満のない処理速度でした。何より今までも8GBで使っていましたしね。その他のハード面がアップグレードしていますから、予想以上に満足しております。

Mla02
Apple Storeより写真を借用

ところでMagic Mouse 2を使ってみましたが、やはり私はMagic Trackpadの方が使いやすいです。これだけ今までのものを使います。

Retina 4Kディスプレイ、実に美しいです!

一般的なsRGBディスプレイよりも色域が25%も広いそうです。Retina液晶を見た後に、今まで使っていたフルHDディスプレイを見ると違いに愕然!(笑)

液晶画面、Retinaを見ると他の液晶モニターが使えなくなるのではと、個人的に思っています。ノートパソコンもMacBookやMacBook ProのRetina液晶を見慣れると、Windowsノートの液晶は申し訳ないですが物足りなさを感じます。解像度が違い過ぎますから比べるのは失礼かも。

P1000443

これが「裸族のお立ち台」という、私のバックアップHDD(写真、動画データ)です。HDDを裸のまま差し込みますので、HDDの保管がしやすいです。MacとはUSB 3.0で繋げられるのですが、今まで使っていた Mac mini はUSB 2.0の端子しかありませんでした。

iMacはすべてのUSB端子が3.0なので、ようやくこのアクセサリー本来のスピードで使う事が出来るようになりました。良かった!(笑)

今日はMacユーザー(私)独断と偏見の記事となりました。

ご容赦くださいませ。m(_ _)m

2016年3月11日 (金)

東日本大震災から五年

Dsc01713
2011年7月25日、宮城県で撮影

Dsc03250
2011年9月26日、宮城県で撮影

Dsc01013_2
2012年3月11日、福島県いわき市久ノ浜で撮影

節目と言って良いのか分かりませんが、今日はあの東日本大震災の悲劇から丁度五年が経ちました。

拙ブログでは以来3月11日は通常の記事はお休み頂いております。

五年という事で、今年はもう一度自分の目で現在の被災地の様子を見に行きたいと思っております。

先日、山田洋次さんが「NHKクローズアップ現代」で福島の事に触れておりましたね。

「私たちはどう寄り添えるのか?」という国谷さんの問い掛けに対し、
「(浪江町の人たちに対して)寄り添えるようなもんじゃないと、僕は思いますけど」と話されていた事が耳に残っています。

もう原発は要りません!

亡くなられた方々に対し、謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

2016年2月27日 (土)

撮影マナーの事

Bassai
美瑛の丘、哲学の木(2010年6月撮影)

北海道美瑛町といえば、故前田真三さんの素晴らしい名作の数々で一躍全国区になった実に美しい丘を見られる地域で、今やどなたもご存知の事と思います。

ケンとメリーの木、クリスマスツリーの木、マイルドセブンの丘、親子の木等々、人気のポプラや丘は、シーズンになると観光バスが大挙して訪れるようになりました。

それら人気の木のひとつ、ポプラの「哲学の木」が土地所有者によって伐採されたと、北の地からメールを頂き、自分は知る事となりました。道内のテレビニュースでも話題になったようで、「所有者の後ろ姿が寂しそうでした」と、メールに書かれてありました。

観光客(カメラマン含む)のマナーの悪さが原因のようです。木自体も大分弱って来ていた事も一因のようですが、立ち入り禁止の看板を無視して畑に入り、撮影をする人が後を絶たないようですね。調べてみると置いてあったトラクターが撮影に邪魔だと、勝手に動かしたりするカメラマンもいたそうで。

昨日の記事で、江ノ電を撮影していた中国(或いは台湾?)の観光客たちのマナーの酷さを書き記しましたが、私は美瑛で畑に入って記念写真を撮っているシーンに出くわした事があります。中国語を知りませんので、「畑に入ってはダメですよ!」と言っても通じない。畑を指差して「No! No!」と言ってもダメ。(笑)
自信のない英語で「Do Not Enter!」と言ったら何とか通じたのか、畑からその家族四人が出て来ました。歩きざま、私に中国語で何かを怒鳴っていましたが、もちろん私には言葉の意味が分かりません。(^^;

Fuukei
美瑛の丘にて

中国観光団のマナーの悪さは私もあちこちで目にしていますが、彼らには何を言っても通じないでしょう。それより、外国からの観光団を呼び寄せている行政も事前に対策を講じる必要もあるのではないかと。

で、我々カメラマンの問題です。立入禁止の場所に入らない事、なんて子どもでも分かります。京都、奈良の神社仏閣では三脚禁止が当たり前になっています。これも元はと言えばマナーの悪いカメラマンが原因のひとつだと思います。都心の公園でも狭いところに大きな三脚を目一杯広げて撮影している人を見掛けます。

どうも今の時代、自分だけが良ければ・・・という自己中心的な人が多くなっているように感じます。三脚が禁止されていない場所でも延々と、まるでここは俺の庭だとも言わんばかりに長時間三脚を広げて撮影する人も多いですよね。もう少し、譲り合いの気持ちを持てないものでしょうか。

今回のニュースを受け、駄文を書いている私自身も今迄以上に気を付けないといけないな、という思いであります。

今日は急遽、マナーを再考する意味でこうした記事を書かせて頂きました。

より以前の記事一覧