2017年3月 4日 (土)

明治丸に遭遇

0016
石川島公園にて

永代橋を直ぐ前にして公園伝いに右へ折れなければならなくなりました。

この写真、歩いていると遠く前方に羽田を飛び立った飛行機が見えたので、素早く撮影。(笑)

0017

運河に架かる橋が相生橋。清澄通りが通っています。

手前の植えられたような木が面白くて撮影してみました。(^^)

0018

相生橋から自分が歩いて来た石川島公園を俯瞰撮影。遠くに永代橋が見えますね。

右に折れてから相生橋まで、そこそこ距離がありました。

歩いている右手は・・・、

0019

高層マンション群が。賃貸か分譲か分かりませんが、分譲だとお幾らほどなのでしょうね?

で、相生橋を歩き始めると右斜め前方に帆船が見えるではないですか。

0021
明治丸

この地区に帆船が在るなんて恥ずかしながら初めて知りました。

いや〜・・・だから無計画のお散歩写真は面白いのです。(^^)

調べてみると、重要文化財「明治丸」で、明治政府が英国グラスゴーの造船所に燈台巡廻業務用として発注し、明治7年竣工し、翌年横浜に回航されて来たそうです。現在は東京海洋大学にて保存されています。

0020

清澄通りを挟んだ真向かいにはこの錨が。越中島公園です。

ここから約1kmで目的地、門前仲町に到着。門前仲町は撮影のために訪れたのではないので、今回写真はありません。

という事で、勝鬨橋から門前仲町までのお散歩写真を四日間に渡ってご覧頂きました。迂回、迂回の連続で何キロ歩いたのかは分かりませんが、皆さんもお散歩写真を楽しんでくださいませ。

SONY α7 II
Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS

2017年3月 3日 (金)

永代橋を前に

0011

昨日の御神輿が収納されている前の道を歩いて来ました。

ここの光景が面白くて一枚思わず撮影。神社の赤い鳥居、前方には高層マンション。その下に見えるのはパッと見、武家屋敷的佇まい。

そこは佃公園でした。のんびりしている地元らしき人々を見ながら、

0012

佃公園から隅田川テラスにようやく降りられました。

で、振り返って佃大橋を撮影。

0014

テラスを歩いているとモーターボートがやって来たので思わず一枚撮影。

向こう側が隅田川の右岸になります。水門が見えますが、ここに亀島川という川が注がれているため、一旦一般道に上がり、水門奥に在る南高橋という勝鬨橋を思わせる橋を渡って中央大橋手前のテラスに降り立ったのが一昨年10月のコースでした。

0013

ようやく中央大橋まで来まして、橋の下を通り抜けます。

0015
永代橋

ところが!
目の前に永代橋が在りながら、前を隅田川の派川である朝潮運河が注がれているため、またも大きく迂回しなければならなくなりました。

ここから運河に沿って歩くところは石川島公園という公園。愛犬を散歩している人、ジョギングをしている人もいます。右側にそびえ立つ高層マンションを見ながらのお散歩になりました。この公園の先に相生橋という橋が架かっており、そこを渡らなければならなくなりました。

SONY α7 II
Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS

2017年3月 2日 (木)

佃大橋で逡巡

00006
佃大橋にて

勝鬨橋を後にして隅田川左岸を歩いたものの、直ぐに行き止まりになった事は昨日書きました。

迂回路を歩き、ほどなく佃大橋に到着。で、隅田川テラスに出られるかと思いきや、ここも通行止め。

0007

仕方ない、一昨年のように右岸を歩いて行くか・・・と、橋を渡りながらこの写真をパチリ。

0008

更に歩いて佃大橋の中央付近でズームレンズをテレ側70mmにして中央大橋付近を撮影。東京スカイツリーと中央大橋とのバランスを考えて撮影してみました。

その後、何気なく左岸方面を見ると、中央大橋方向へ歩けるような道を発見。その先にはテラスを歩く人も見えるではないですか(写真右手)。

0009

ではと引き返し、佃大橋の歩行者用階段途中で撮影したのがこれ。

高層マンションと手前の住宅との対比がこの地区特有の風景に感じます。

0010

中央大橋方向へ歩いているとこんなところがありました。大きな御神輿が収納されています。佃祭りの時にでも担がれるのでしょうか。下町らしさを感じます。

テラスを歩けなかったお陰でこういうところと出遭いました。

SONY α7 II
Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS

2017年3月 1日 (水)

隅田川

0001
勝鬨橋から下流方向を撮影

隅田川の橋巡りをしたのは一昨年10月の事でした。築地の勝鬨橋から隅田川の右岸を浅草の吾妻橋まで歩きました。

この日、門前仲町に行くにあたって、「そうだ、隅田川の左岸を歩いて行ってみよう」と思い付き、実行。

0002

で、冒頭写真を撮影した後、左岸を歩き始めたのです。

一昨年10月と同様、とても良いお天気で絶好のお散歩日和、と思ったのも束の間。(笑)

いつも事前調べをしない事が今回は仇になる事に。何と、補強工事のためテラスは直ぐに行き止まりとなっていたのです。

0003

迂回路の看板が出ていたので、その通りに歩く事に。お馴染み、月島商店街の入り口に来まして、このまま商店街を歩いて行くか・・・逡巡したものの、ここから隅田川方向へ左折。

0004

昭和を思わせる典型的日本家屋の造りに遭遇。失礼して記念写真を一枚。

0005

しかし、月島の商店街を通り抜けるべきでした。何故ならこんなところを歩く事に。左側が隅田川。

今回は最初からコース選考を失敗しました。(笑)

SONY α7 II
Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS

2017年2月12日 (日)

汐留

Fe50324

野鳥が続きましたねぇ・・・。まだまだあるのですが。(^^;

Fe50321

今日は汐留を歩いた・・・、いや、通り抜けた時のお気軽写真です。

コンクリートの中の街、そういうイメージです。

Fe50325

お馴染みのところ。

Fe50335

汐留に来ると、ここで新幹線を見るのが私の定番。(^^;

SONY α7 II
FE 50mm F2.8 Macro

2017年1月26日 (木)

みなとみらいの休日

Dscx0817

一昨日の「荒野」とは違い、同じみなとみらい地区でもランドマークタワー付近の休日はいつも人でいっぱい。

Dscx0823

この日、お天気も良く、気温も10度超えと、遊園地で楽しむには最適でした。

Dscx0820

マイナス30度の世界って、北海道ですね。(^^)

Dscx0845

Dscx0813

最近ご無沙汰している、みなとみらい地区の遊園地でした。

FUJIFILM X-E2
XF 35mm F1.4 R

2017年1月24日 (火)

都会の荒野

Dscx0798

みなとみらい地区の再開発はまだまだ続いています。以前、ここには「109」のシネマビルが存在していたのですが・・・。

私も何度か足を運んだ事があります。みなとみらい線の駅を出ると直ぐの場所で、便利でしたが。

Dscx0799

高層マンションも乱立して・・・。

Dscx0800

果たしてこの荒野はどう変貌するのか?

FUJIFILM X-E2
XF 35mm F1.4 R

2017年1月 9日 (月)

ROPPONGI

Dscx0195

六本木、サントリーホールに足繁く通っていた時は地下鉄で行ったものですが、最近は六本木を訪れる事は滅多にありません。

富士フィルムスクエアへ写真展を見に行く時くらいでしょうか。

Dscx0184

カメラのモノクロモードでの撮影です。

Dscx0186

何もこんなところを写さなくても・・・ですね。(笑)

Dscx0181

ハートに惹かれて。(^^)

FUJIFILM X-E2
XF 35mm F2 R WR

2016年12月23日 (金)

無題

Img_9647
東京銀座にて

デジタル一眼レフカメラ、持ち出す時は野鳥撮影、飛行機撮影といった、動きモノに限るようになってしまった昨今。

たまにはスナップに使ってみようかと持ち出した時のお気軽スナップです。しかし、場所は銀座。

Img_9653

それにしても銀座はカメラを持った人が多いですね。老若男女問わず。

それと、必ず見掛けるのがソニー製業務用ビデオカメラを携えたインタビューアー。どこぞのテレビ局らしき人たち。そのカメラを見て、「あ、自分のと同じカメラだ・・・」なんて思ったり。(笑)

Img_9649

これだけでお幾らなんでしょうねぇ・・・?

某ブランドショップですから、まさかイミテーションなんて事はないでしょう。(笑)

Canon EOS 7D
EF 50mm F1.8 STM

2016年12月14日 (水)

日本橋人形町

280313

日本橋人形町でのお気軽スナップです。この先の通り、甘酒横丁というらしいです。

ちなみに私は甘酒も飲めない・・・のです。(笑)

280303

料亭の名残りのようなところがまだまだ在りますね。

280309

え!?ビルとビルの間に・・・と、少々驚きました。

280307

時代を感じますねぇ・・・。

280318

影に惹かれて・・・。

或る鯛焼き屋さんではお客さんが行列を作っていました。美味しいのでしょうね、きっと。

あ、並ぶのが嫌いなので今回はパスしました。でも、一度食べてみたい。(笑)

SONY α7 II
FE 28mm F2

より以前の記事一覧