2020年12月17日 (木)

潮風を浴びながら

4887
4091レ EF210-102

爽やかな潮風が流れる中を走る貨物です。これは単機でした。

4888
3090レ EF210-132

根岸ターミナルに向かう桃太郎。

4889

牽引するのはタンクのみ。

4890
87レ EH200-15

ブルーサンダーが根岸から高崎へ向かいます。

4891

みなとみらい地区とポートサイド公園の間を抜けて・・・。

2020年11月29日 (日)

ヒガハス

4838

つい最近ですが或る日の午後、鉄道写真の有名撮影ポイントであるヒガハス(東大宮 - 蓮田間)を、久しぶりに訪れてみました。

4839

嘗ては大賑わいだった場所ですが、カメラマンは一人もいません。

4840

カシオペアの定期運行が大分前に終わっていますので、その影響もあるのでしょうね。

4841

4842

足元でこんな写真を撮ったりしながら、結局一時間弱で帰りました。

※ しばらく記事の更新は不定期とさせて頂きます。

2020年11月28日 (土)

発車オーライ!

4837

まだ研修中でしょうか?

新人と思われる女性車掌さん、頑張って! (^^)

新型コロナウイルス、一気に広まって来ました。都内も横浜も脳天気にカメラ持って出歩いている場合ではないです。誰が感染しているか分からないのですから。

2020年11月27日 (金)

函館のトラム

4835

NHK-BS 4Kで放送されている「8K ヨーロッパ トラムの旅」を毎週楽しみに見ているのですが、ヨーロッパ各都市の街並みに溶け込むトラムは実に情緒があって良いです。

見ていて思うのは、ヨーロッパの各都市(国々)は歴史のある建造物を実に大切に保存しているという事。翻って日本はというと、東京を見れば分かるように無機質な建造物ばかり。

都内は僅かに都営荒川線(東京さくらトラム)が一路線残っているとはいえ、都内の中心位置ではないですよね。早くから車社会へと移行してしまったので、仕方ないと言えば仕方ないですが。

4836

日本の大都市圏で路面電車が残っているところと言えば、他では大阪くらいですね。基本、路面電車が残っているのは地方都市になります。

函館の路面電車も味わいがあって好きな地域です。個人的には最新型のトラムより、古き良き時代の車両を好むのですが。

今週はブルガリアのトラムが放送されましたが、東ヨーロッパ(嘗ての社会主義国)らしい印象を受けました。

2020年11月25日 (水)

伊豆急 リゾート21 黒船電車

4821
伊豆急線・熱海行き「黒船電車」車内

下田からの帰りは普通電車で帰って来ました。

伊豆急下田駅の改札を通ってホームに向かうと、真っ黒な「黒船電車」しか見えません。「あれ? 黒船って特急電車なのでは?」と思い、最後尾車両の車掌室前でホームを見ている綺麗な長身の女性車掌さんに「これ、普通電車なのですか?」とお訊きすると、「はい、そうです。ご乗車ください」との事で、「ラッキー♪」と乗車しました。(^^)

4822

海側を見られるように造られている展望列車。運が良かったです。昨日の伊豆急下田駅の写真、通常は左に写っている電車ですから。

4823

割増料金なしに乗車し、楽しみながら帰る事が出来るのですから、わざわざ高い料金を払って「サフィール踊り子」に乗る事はないか。(笑)

4824

ちなみにサフィール踊り子を使うと「横浜 - 伊豆急下田」は2時間5分です。帰りは普通列車を使いましたが、「熱海駅」での乗り換え時間を含めても3時間(乗車時間2時間53分)で横浜に到着です。

4825

しかし、今回は伊豆下田に行く事が目的ではなく、サフィール踊り子に乗る事が目的でしたので。

4826

伊東駅に到着。ここからJRの管轄ですから、運転士さんと車掌さんが交代します。ガラス越しにホームを見ていたら、乗車時に話し掛けた女性車掌さんが小さなバッグを提げて目の前を歩いて行きました。

4827

伊東駅を出ました。日も徐々に落ちて来ています。

4828
熱海駅にて

熱海に到着しました。これからJR東海道線に乗り換えです。

4829

東海道線ホームからみた黒船電車です。

4830

鉄道の旅もなかなか面白いですね。

2020年11月24日 (火)

「サフィール踊り子」に乗ってみた

4803
サフィール踊り子1号(E261系)

本年3月14日のダイヤ改正より運行が開始された「JRサフィール踊り子(東京 - 伊豆急下田)」です。

4804

それまで運行していた「スーパービュー踊り子(251系)」に代わってデビューしています。

ずっと人気で、なかなか席が取れなかったのですが、そろそろ・・・と思ったものの左側の窓席(海側)が空いていなく、ようやく今になってネットから席を確保出来ました。

あ、GoToトラベルとは関係ありません。

以上2枚の写真は乗車以前、少し前に撮影していたものです。

4805
横浜駅ホーム上

横浜駅から終点「伊豆急下田駅」までの乗車です。

4806

横浜駅6番線ホームに「サフィール踊り子」が入線して来ました。

4807

黒光り(青光り?)する車両はなかなかカッコいいです。

横浜を出発すると、
熱海 - 伊東 - 伊豆高原 - 伊豆熱川 - 伊豆稲取 - 河津 - 伊豆急下田

横浜を出たら熱海まで止まらないんです。(^^)

4808

車掌さんが常駐している最後部の車掌室です。伊豆急行線(私鉄)に入り、途中停車駅で撮影しています。長身の女性車掌さんでした。

伊東駅までがJRの管轄なので、伊東駅で運転士さん、車掌さんが伊豆急行線の方と交代します。

4809

サフィール踊り子は8両編成で4号車はカフェテリア専用車となっており、軽食やコーヒーなどを頂けます。ただし、利用するには事前予約が必要で、私は乗車日の三日前にスマホで予約を済ませておりました。

尚、支払いもサフィール・ペイによる事前オンライン決済となります。

予約時間に4号車に行くと、席に案内されました。展望仕様の車両ですから、窓ガラス越しに流れる風景を楽しみながら食事をする事が出来ます。写真のミネラルウォーターは下田温泉の湧水でした。

4810

私はこのヌードルを予約しておきました。

外苑に自身のお店を持ち、「ミシュランガイド東京2020」で二つ星を獲得している長谷川在祐氏監修によるヌードルです。

関西の方には少々しょっぱいかもしれませんが、なかなか美味しかったですよ。

4811

5〜8号車は通路を挟んでの2:1仕様。

ちなみにサフィール踊り子は全席「グリーン席」なのです。(^^;

ですから利用するには乗車券、特急券の他に、グリーン券が必要になります。もっともネットから予約していましたから、券売機で発券された乗車券は一枚で済んでいます。

4812

1号車は「プレミアムグリーン」で、先頭車ですから展望車両みたいな造りです。もちろん料金はそれなり。2号車、3号車は「グリーン個室」で、1〜4名用、1〜6名用というように個室も2種類のタイプに分かれています。

4号車は前述したようにカフェテリア専用車で、5〜8号車は普通の「グリーン車」です。お金があれば個室を一人、或いは夫婦、カップルで借り切る事も出来ますよ。それなりの広さを占有し、のんびり旅気分を味わえます。

私はもちろん普通のグリーン車です。(^^;

4813

お空も見上げられるようになっています。(^^)

4814

新幹線と同じく、こうした案内が各車両に。

4815

さて、伊豆は過去数え切れないほど出掛けていましたが、全て車での旅行でした。伊豆半島を巡るには車でないと不便ですからね。

ですから列車を使って伊豆半島に向かうのは初めてなのです。車の時は常に運転手でしたから、流れる風景を楽しみながら・・・というわけにはいきません。

4816

初めての列車旅。真鶴を過ぎたらずっと伊豆の海を見ながら旅気分を楽しめると思っていました。

ところが、実際はトンネルが多く、トンネルを抜けた山間でチラッと青い海と青い空が見えただけ・・・という。(笑)

4817

函館に向かう新幹線もトンネルが多かったですが、常時海を見られるのは海沿いを走る車道だけですね。

4818

鉄道は伊豆半島の山をぶち抜いて下田まで線路が敷かれている、と言っても過言ではないわけで、それを今回実感しました。

時折、車が走っている道路を俯瞰する度、「あぁ、この道路を車で何回も走ったんだよなぁ・・・」などと。(笑)

4819
伊豆急下田駅

あっという間に伊豆急下田駅に到着です。横浜からの乗車時間は僅か2時間5分です。

4820

初めてだった伊豆への列車旅、サフィール踊り子はなかなか快適でした。

2020年11月18日 (水)

新函館北斗駅

4770
北海道北斗市市渡(いちのわたり)1-1-1

2016年3月26日に開業した北海道新幹線。東京から北の大地に向かった際の終点である「新函館北斗駅」です。こちらは南口。新函館北斗駅は新幹線開通に伴って駅名を変更しており、旧駅名は「渡島大野駅(おしまおおのえき)」です。

現在は新幹線の駅としては「日本最北端」に位置していますが、札幌まで延伸する工事が現在続いています。2030年末開業予定だそうですが、順調に工事が終わるのかどうか。札幌とは申しても、実際の駅は小樽に近いそうですね。

4771

駅前の郵便ポストです。(^^)

4772

ビジネスホテルも在るのですね。新幹線開通に合わせて再開発した感じを受けました。

駅の位置としては函館駅より国定大沼公園の方が遥かに近いです。

4773

私が利用した時の駅構内の様子を以下に。

4774

4775

4776

そして、こちらは北口。

4777

奇譚のない印象を申させて頂きますと、「南口に比べたらな〜んもないじゃん!」です。

4778

このロータリーはタクシー乗り場でもあるのですが、私が北口に出てみた時、タクシーは一台も停車していませんでした。新幹線到着に合わせてタクシーが来るのかもしれませんね。

4779

ロータリーから在来線のホームを見てパチリと。

少々寂しい気持ちを持って駅構内に戻りました。

4780

構内のベンチにストーブが向けられています。試しにベンチに座ってみたら、暖かかったです。

4781

新幹線が到着しないと在来線の改札付近はご覧のように静かでした。

帰りの新幹線到着まで、上の暖かいベンチで時間を潰し、17時25分発の「はやぶさ」で帰京しました。

2020年11月15日 (日)

新鶴見機関区

4761
3090レ EF210-120 桃太郎

今日は貨物列車のオンパレードです。

近いうちに桃太郎のキャラクターが文字の横に追加されるそうです。なので、「文字だけの今の姿が貴重になりますよ」と、撮影中に教わりました。↓ 下にご紹介した方の談話です。

4762
8078レ EF65 2088

以前、ほんの僅かな時間ここで貨物列車を待ちましたが、その時はロケハンでしたから一編成撮影しただけ。電車に乗り、その日の目的地に向かっています。

4763
2092レ EH200-11 ブルーサンダー

で、改めて後日撮影目的でここに来たわけです。

4764
3086レ EF66 121

滞在時間一時間半弱ですが、結構貨物列車が通過して行きます。

4765
3064レ EF64 1026

最近、貨物列車の撮影に嵌っています。(^^;

4766
72レ EF65 2067

この時、浜松から来たという貨物列車ファンの方とお話しする機会があり、貨物列車の知識が豊富で驚きました。

4767
8460レ EF65 2063

都内で撮影後ここへ来たそうで、目指す貨物列車があるとの事で、しばらくしたら小岩に向かうと話されておりました。私はこの後、自宅へ直行ですから貨物列車マニアとはとても言えません。(笑)

4768
相鉄線 12000系

今年の4月から運行を開始した相鉄線の新型車両12000系が猛スピードで通過して行きました。

以前、拙ブログで記事にしておりますが、相鉄線とJRとで相互乗り入れをしましたので、相鉄線が初めて都内へ延伸する事が出来ました。相互乗り入れを開始する前は当然の事ながら、こんなところを走っていませんので。

LUMIX DC-S5のコンティニュアスAFで撮影していますが、連写したコマ全てジャスピンでした。パナはコントラストAFだけなのに結構やるなぁ・・・。

4769

今日の写真の撮影場所はここです。新鶴見機関区となっておりますが、実際の場所は新川崎であります。

2020年11月13日 (金)

みぞれ降る函館ちんちん電車

4740

函館、二日目の撮影です。

前日は安直にスマホでの撮影でしたが、翌日はLUMIX DC-S5での撮影です。

4741

路面電車大好き人間ですから、函館に行けば撮影したくなります。

しかし、朝から雨が降ったり止んだりの繰り返し。

4742

この写真でお分かりになりますか? 雨から霙(みぞれ)になり、霙から今度は雪が混じって来ました。

いっその事、雪に変わってくれれば・・・と思ったものの、こちらの願望通りにはなりません。函館は道内でも温暖な地域らしく、年間の降雪量も道内で一番少ないそうです。

4743

雨に濡れながら撮影しています。はい、単なる物好きです。(笑)

4744

背後の車が路面電車と全く同じ速度で走っているので、前後のカットともまるで電車にひっついているように車の位置が変わっていません。(^^;

雨宿りのため、赤レンガ倉庫まで歩きました。

4745
ウニ・いくら・カニ丼

赤レンガ倉庫でぶらぶらした後、朝市へ行って昼食です。私、以前はいくらが苦手でした。何故かと申しますと独特の「臭み」が苦手だったのです。

ところが十年ほど前、初めて北海道でいくらを食したら、全然臭みを感じないのです。そのせいか、実に美味しく食べる事が出来ました。以後、いくらは北の大地以外では食べていません。都内や横浜では絶対食べません。↑ このいくらも美味しかったです。(^^)

要するに鮮度の問題なのでしょうね、臭みを感じるか感じないかは。(個人の感想)

4746
イカ刺とウニ・カニ・ホタテ丼

函館に行ったら、イカです。これはイカ刺しメインの定食。ウニもとろけるような味わいが何とも言えません。あぁ・・・美味しかったぁ!

路面電車の最後につまらないものをお見せしまして恐縮です。m(_ _)m

2020年11月12日 (木)

函館ちんちん電車

4735

函館駅に到着した時、すでに暗くなっていましたがスマホを使って記念に路面電車を撮影。お天気は雨。

4736

いや〜・・・懐かしい、久しぶりの対面です。

4737

大分前ですが、重い業務用ビデオカメラ(テープ記録方式)と、これまた重いビデオ用三脚(7.5kg)を担いで函館の路面電車を撮影に来た時を思い出しました。今はそんな重い機材を使うなんてもう無理ですね。(笑)

4738

さて、写真に興味のない人たちにとって、写真なんてスマホで充分とおっしゃいますよね。スマホでも綺麗に撮れると。

おっしゃる通り、確かに今のスマホは明るい日中なら充分綺麗に撮れます。ですが、こうした環境下で撮影するとスマホに搭載されている豆粒大のセンサーではダイナミックレンジの狭さが露呈してしまいますね。電車内、ビルの照明がどうしても白飛びします。

余談ですが、NHK-BS 8K4Kで放送されている「8Kベストウインドー」という番組が「8K ヨーロッパ トラムの旅(5.1chサラウンド)」というシリーズでヨーロッパの路面電車を8Kで撮影、紹介しています。ハンガリーのブダペスト、非常に美しい街ですね。ドナウ川沿いを走る路面電車にすっかり魅了されました。ブダペストの美しい街並みに比べると、都内や横浜の街並みは・・・以下自粛。

8Kで撮られた映像が美しいのは勿論の事、バックに流れる音楽がこれまた美しく映像に寄り添っています。

ちなみに拙宅のテレビは未だ2Kです。Blu-rayレコーダーだけ4K録画対応(某量販店が昨年発売の旧モデルを最近投げ売りしていた時に購入)。なので、録画だけ4Kで行ってます。しかし、8Kで撮られた映像をダウンコンバートされた2Kテレビで見ても、オリジナルの美しさは充分味わえます。8Kテレビも(4Kテレビもですが)随分と安くなって来ましたね。

より以前の記事一覧