2022年5月16日 (月)

瑠璃色の使者

8469
オオルリ(スズメ目ヒタキ科)

今の時期に東南アジアからやって来る夏鳥のオオルリです。

8470

如何にも熱帯地方から飛んで来る色合いだと思います。

昨日、またAmazon Prime Videoを利用(無料視聴期間中)して石原裕次郎さんがサラリーマンを演じる「喧嘩太郎(1960年制作)」という日活映画を見たのですが、相手役の芦川いづみさん、いや〜・・・本当にお綺麗ですねぇ・・・(^^)

2022年5月 8日 (日)

北帰行

8449
カワラヒワ(スズメ目アトリ科)

久しぶりに遭遇したカワラヒワ。以前は普通に見ていたのですが、自分的には三、四年ぶり?

8450
キンクロハジロ(カモ目カモ科)

カモ類も北へ帰る時期です。

8451
コガモ(カモ目カモ科)

カップルかな?

8452
ミサゴ(タカ目ミサゴ科)

上空高く飛んでいる鳥、「カモメ?」と思いながら念のため一枚だけ撮影してみたらミサゴでした。この後、遠くへ飛んで行ってしまい、地団駄を踏みました。(笑)

2022年4月22日 (金)

ココココココッ!

8399
コゲラ(キツツキ目キツツキ科)

木を突く音で存在に気が付く事が多いキツツキ類。

8400

日本に生息するキツツキで一番小さい、そして可愛いコゲラです。

8401

撮影ポイントからちょっと下を見ると・・・。

2022年4月11日 (月)

ホ〜ホケキョ!

8381
ウグイス(スズメ目ウグイス科)

ウグイス、お分かりになりますでしょうか?

今の時期、ウグイスの美声を聞く事が出来ますね。拙宅界隈でも綺麗な声が聞こえて来ます。

8382

ちなみに「ホ〜ホケキョ!」と鳴くのは繁殖の時期だけでして、他の鳥に対して自分の縄張りを宣言しているのです。要するにメスを守っているわけですね。

繁殖の時期以外は「ケッケッケッ!」と、地鳴きと言われる鳴き方をしています。ですから野鳥にご興味のない方が聞いたら、ウグイスとは思わないでしょうね。

2022年3月28日 (月)

東京港野鳥公園

8342

久しぶりに訪れた東京港野鳥公園です。

8343

コロナ禍でしばらく閉園していましたので。

8344

ウ(これはカワウ)が以前訪れた時より、かなり増えている事に驚きました。

8345

訪れる人も以前に比べるとまだまだ少ないようです。

8346

ヨシを刈ったところにアオサギが小魚を狙ってやって来ました。

カモ類を始め、冬鳥は大分北へ帰っているようで、鳥さんは少なかったです。

2022年3月14日 (月)

おしどり夫婦

6313
オシドリ(カモ目カモ科)

今季、初見のオシドリです。毎年、新宿御苑に結構な数のオシドリが越冬のためにやって来るのですが、今年は極めて数が少ないのです。もっとも他のカモ類も異常と言って良いくらい少なかったです。

6314

真ん中、カップルのようです

仲の良いご夫婦の事を「おしどり夫婦」と言って褒めたたえますが、オシドリのオスの習性を知る者にとっては褒め言葉になりません。

何故なら、オシドリのオスは毎年相手のメスを変える習性があるからです。

6315

今年の冬は例年に比べ、冬鳥が少ないような気が・・・。

環境の変化でしょうか?

2022年3月10日 (木)

アオジ

6304
アオジ(スズメ目ホオジロ科)

黒字でも・・・赤字でも・・・なく、アオジです。(^^;

6305

いえ、クロジという鳥さんは存在します。アオジの色違いで、黒っぽい羽根色です。

6306

こちらを見ているのかな?

6307

すると、ブルブルッと顔を振りました。(笑)

2022年3月 6日 (日)

タシギ

6300
タシギ(チドリ目シギ科)

こちらの鳥さんも実に久しぶりの撮影になります。

タシギと言いますが、漢字では「田鴫」と書きます。田に良くいる鴫なので、田鴫と命名されたようです。

6301

体(羽根)の色と周りの環境が似た色になっていますので、言わば保護色ですね。

日陰からなかなか出て来ないのと、タシギまでの距離も結構ありますから撮影は大変でした。

写真としてはイマイチですね。(^^;

2022年2月28日 (月)

久々のエナガ

6286
シジュウカラ(スズメ目シジュウカラ科)

コツコツ音が聞こえるのでコゲラ(キツツキ類)でもいるのかと音のする方を見上げてみたら、シジュウカラでした。

6287
ヒヨドリ(スズメ目ヒヨドリ科)

いつもピーピーと大きな声で鳴いているヒヨドリです。この時は静かに物思いに耽っているような感じでした。(笑)

6288

6289
エナガ(スズメ目エナガ科)

以上、エナガです。久しぶりに遭遇しました。北海道では亜種のシマエナガを見る事が出来ますが、こちらでは普通のエナガです。

6290
ハクセキレイ(スズメ目セキレイ科)

ハクセキレイは住宅街でも公園でも、普通に見られますね。

2022年2月27日 (日)

巫女秋沙

6282
ミコアイサ(カモ目カモ科)

ミコアイサを久しぶりに撮影出来ました。

6283

和名は「巫女秋沙(若しくは神子秋沙)」と書きます。「みこ」は読めても「あいさ」とはなかなか読めないかもしれません。

パンダのようなお目目が可愛いですね。(^^)

6284

冬季になると越冬のため渡って来ます。

6285

少し前までは数羽見られたようですが、私が訪れた時は遅かったようで一羽しか見られませんでした。そろそろ北へ帰る頃でしょうか?

撮影場所は鶴見川(横浜)です。

より以前の記事一覧