2019年7月 7日 (日)

枝止まりのオシドリ夫婦

3131

仲の良い夫婦を「おしどり夫婦」などと言いますが、呼び方の由来であるオシドリを今日は。

3132

しかし、池で泳ぐオシドリではなく、枝止まりを見付けました。撮影は北の大地の公園ですが、私はここで二度目の枝止まりに遭遇です。

3133

普段、オシドリを見掛ける時はいつも池で泳いでいるか、池の淵に上がって休んでいる様子しか見る機会はありませんので、珍しい姿を見る事が出来ました。まぁ、オシドリも鳥ですから木の枝に止まるのは不思議ではないのですが。

3134

では、普通のオシドリも。(笑)

Canon EOS 5D Mark IV
EF 100-400mm F4.5-5.6L IS USM
EXTENDER EF 1.4x III

2019年7月 6日 (土)

ヤマガラの給餌

3128

久々、野鳥写真です。北の公園で見たヤマガラさん、お口に何か咥えていますね。

3129

春は求愛と子育ての時期。

3130

関東では当たり前にヤマガラさんを見る事が出来ますが、北の大地ではこちらほどしょっちゅう見られるわけではないようです。

Canon EOS 5D Mark IV
EF 100-400mm F4.5-5.6L IS USM
EXTENDER EF 1.4x III

2019年6月24日 (月)

どん曇りに・・・

3094

久々に葛西臨海公園で撮影した野鳥など。

3095

当たり前に住宅街でも見る事が多いムクドリ。時々凄い数で集まりますが。

3096

オナガ、鳴き声を出さなければ見た目綺麗なんですけどね・・・。

3097

気分はほっこり。(^^)

3098

羽田空港にアプローチ中。

3099

キジバトも住宅街で普通の鳩に混じっていたりします。

3100

蒸し暑い時期、重い機材を持って歩くのはしんどくなります。(^^;

Nikon D700
AF-S NIKKOR 300mm F4E PF ED VR

2019年6月12日 (水)

出て来たのは・・・

3028

おや? 木の穴から顔を出しているのは?

3029

出るのかな?

3030

出て来た、出て来た!

3031
ヤマゲラ♀(キツツキ目キツツキ科)

キツツキのヤマゲラさんではないですか。

3032

撮影位置を少し移動して撮影。北海道でしか見られないヤマゲラです。

3033

メスが飛び立った後、今度はオスが巣作りを一生懸命に。木屑をぺッ!・・・と吐いた瞬間です。

ヤマゲラの巣作りを見るのはこれが二回目でした。

Canon EOS 5D Mark IV
EF 100-400mm F4.5-5.6L IS USM
EXTENDER EF 1.4x III

2019年6月 4日 (火)

瑠璃色

3020
オオルリ(スズメ目ヒタキ科)

北の大地で出遭ったオオルリです。等倍で見ると咥えているのは毛虫でした。

3021

ルリビタキも瑠璃色が綺麗ですが、オオルリも負けていません。

3022

そういえば初めてオオルリを見たのは三年前、北の大地でした。

出遭った瞬間を今も覚えています。桜と梅が同時に開花していた公園を歩いていた時です、突き当り正面の木の低い位置でこちらを見ている瑠璃色の鳥を見付け、「もしやオオルリ?」という感動を味わいました。(^^)

Canon EOS 5D Mark IV
EF 100-400mm F4.5-5.6L IS USM

2019年5月26日 (日)

キビタキが・・・

2961
キビタキ(スズメ目ヒタキ科)

夏鳥の一番手ともいうべきキビタキです。

2962

今年はキビタキの当たり年なのか、都内や横浜でも早くから見られています。

2963

今日のキビタキはすべて北海道で撮影していますが、行く先々でキビタキに出遭いました。

2964

何処にでもいるスズメみたいに普通に見るようになると、感動もイマイチになりますねぇ。(^^;

2965

そのくらいキビタキを良く見ました。

2966

ただ、渡って来たばかりなのか、美しいキビタキのアリアを聞く機会は少なかったですが。

Canon EOS 5D Mark IV
EF 100-400mm F4.5-5.6L IS USM
EXTENDER EF 1.4x III

2019年5月20日 (月)

北大のオシドリ

2929
オシドリ(カモ目カモ科)

北海道大学のオシドリです。

2930

あっと・・・行っちゃうのね!(^^;

2931

お休みモードでしたか。

2932

オスメスのカップルではなく、オス同士です。

2933

この後、またご休憩タイムに入りました。(^^)

Canon EOS 5D Mark IV
EF 100-400mm F4.5-5.6L IS USM
EXTENDER EF 1.4x III

2019年5月18日 (土)

恋の季節

2916
ヤマセミ(ブッポウソウ目カワセミ科)

ヤマセミのカップルと出遭う事が出来ました。実にラッキー!(^^)

良い撮影位置をと思い、少し左に動いたり、右に動いてみたり・・・していたら、

2917

え! マジ!? (^^;

丁度少し右に移動した時だったので、枝被りになってしまった・・・グヤジ〜・・・。

野鳥たちも動物たちも、恋の季節ですからねぇ・・・。

2918

気を取り直してダイビングの様子など。

2919

等倍にしてチェックしてみると、エビのような甲殻類のようです。

2920

この時はお見事な狩でした。

2921

木の枝に戻り、沢山の葉が生い茂る後ろでメスに与えていました。撮影はしているのですが、残念ながら体全体が写っていないのです。

2922

比較的近いところでダイビング!

2923

水の中に飛び込む瞬間のカットですが、ヤマセミの目に注視してください。

2924

上の写真を特大トリミングしました。「瞬膜」を閉じているのがお分かりになると思います。

※注・・・人間には退化してしまった、目を保護する透明、若しくは半透明の膜

2925

水から出て来た時、すでに瞬膜は開いていますね。目に輝きがあります。

Canon EOS 5D Mark IV
EF 100-400mm F4.5-5.6L IS USM
EXTENDER EF 1.4x III

2019年4月25日 (木)

冬鳥へのお別れ

2852
クロジ(スズメ目ツグミ科)

同じ仲間、アオジは飽きるほど何度も見ているのに、何故かクロジは初めての遭遇。

2853

おや? そのクロジの背後から何かが近付いて来ました。

2854
トラツグミ(スズメ目ツグミ科)

なんだ! トラちゃんではないですかぁ・・・(^^)

2856
ルリビタキ♀(スズメ目ヒタキ科)

可愛らしいルリビタキもそろそろこちらでは見られなくなる時期ですね。

2855
オオタカ(タカ目タカ科)

カワセミの縄張りで水浴びをした直後のオオタカです。少しだらしなく見えますね。(笑)

Canon EOS 5D Mark IV
EF 100-400mm F4.5-5.6L IS USM
EXTENDER EF 1.4x III

2019年4月17日 (水)

キクイタダキ

2823
キクイタダキ(スズメ目キクイタダキ科)

今日は鳥さんです。
頭の黄色が特徴なのですが、比較的高い枝にいるので下から撮影しているとなかなか黄色が見えません。

2824

キクイタダキと言いますが、スズメより小さく、とにかくちょこちょこ動き回るので撮影が大変。

2825

初めて見たのは昨年12月、北海道でした。

2826

不思議となかなか見る機会のない鳥さんを初めて見ると、以後出遭う機会が増えるのです。

キクイタダキもなかなか出遭えなかった鳥さんですが、北海道で初めて出遭った後、こちらでも普通に見るようになるのですから、本当に不思議。

Canon EOS 5D Mark IV
EF 100-400mm F4.5-5.6L IS USM
EXTENDER EF 1.4x III

より以前の記事一覧