2017年3月 8日 (水)

ケリ

0040
ケリ(チドリ目チドリ科)

花粉症持ちなので、野鳥撮影を少し自重しています。訪れる先にスギ林が結構存在しているものですから。

以前、トラツグミを掲載しましたが、あの撮影はスギ林の前でしたので、夕方から大変な目に遭いました。目は痒い、鼻水は止まらない、クシャミは止まらない・・・と。

早くスギ花粉の飛散が終わって欲しい。(^^;

0041

今日の写真は先月の撮影です。

ケリ、初めて見る鳥さんでした。勿論撮影も初めて。

0042

田畑や河原、干潟などで昆虫、ミミズ、カエルなどを餌として食べているようです。

最初、飛んでいるところを見た時に羽の模様に惹かれ、「何だろう、あの鳥は?」と追い掛け、採餌しているところを撮影しました。

早く花粉症にもケリをつけたい。(笑)

Canon EOS 7D
SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary

2017年2月26日 (日)

新宿御苑にて鳥見を(2)

Dsc_1296
オシドリ♂(カモ目カモ科)

今日は新宿御苑での鳥見、その二です。

新宿御苑にも様々な冬鳥が渡って来ていますので、歩いていると其処彼処で鳥さんを見る事が出来ます。

Dsc_1377
メジロ(スズメ目メジロ科)

寒桜が八分咲きです。となるとメジロが目白押しでやって来ます。(^^;

しかし、この背伸びは凄い!(◎_◎;)

Dsc_1392

飛ぶよ!

Dsc_1411
カワラヒワ(スズメ目アトリ科)

そういえばカワラヒワを最初に見たのは札幌でした。

Dsc_1435
ツグミ(スズメ目ツグミ科)

ツグミも今年は多いですねぇ・・・。新宿御苑でのお散歩時、いったい何羽見た事か。

Dsc_1453
ルリビタキ♂(スズメ目ヒタキ科)

ルリビタキ、新宿御苑では久々の遭遇です。やはり可愛いですね。

Dsc_1507
カワセミ(ブッポウソウ目カワセミ科)

カワセミの周りの白い部分、これはカワセミが飛ばした糞です。(^^;

この日は「鳥なんか撮ってどうすんの!」と怒鳴られる事はなく、ホッとしました。(笑)

Nikon D500
AF-S NIKKOR 300mm F4E PF ED VR
AF-S TELECONVERTER TC-14E III

2017年2月25日 (土)

鳥なんか撮って・・・

Img_1102
ホオジロ(スズメ目ホオジロ科)

○○ちゃん!
鳥なんか撮ってどうすんの! o(`ω´ )o

これは先日、里山の中に造られた公園でトラツグミを撮影していた際、私の隣でコンデジを使って撮影していたご主人と思われる男性に対し、吐き捨てるように叫んでいた若いママさんの怒鳴り声です。(^^;

そのママさんは乳母車に可愛らしい小さな子どもを乗せていました。

私はその怒鳴り声に思わず振り返ってしまったわけです。
そうですよねぇ・・・、女性にとってはご自分の興味の対象外に熱中している男どもには、「何でそんなくだらないものに興味を持つんだろう!」と思いますよね。(^^;

例えば「趣味」について考えますと、男女問わず自分に関心のない物事については「何故あんなものに・・・」と理解不能に陥るのが常だと思います。(笑)

Dsc_0772
ルリビタキ(スズメ目ヒタキ科)

まして今回私が遭遇したご夫婦の諍いの原因は単なる「鳥」ですからね。(^^;

本当に鳥なんか撮って、どうするんでしょうねぇ・・・自分。(笑)

見ず知らずとはいえ、そのママさんの怒鳴り声は私も耳が痛いです。

あはははは・・・・(^^;;;;

2017年2月22日 (水)

新宿御苑にて鳥見を

Dsc_0461
エナガ(スズメ目エナガ科)

今日は新宿御苑で午後遅くから少しの時間、お散歩した時の写真です。

エナガはあちらこちらで最近出遭っていますが、ちょこちょこと落ち着きのない鳥さんなので、撮影はなかなか大変。(^^)

Dsc_0495

おちょぼ口のような嘴が可愛いですね。

Dsc_0457

これはハクモクレンです。新宿御苑のハクモクレンは大木なので、満開時はなかなか見応えがあります。

Dsc_0520
ムクドリ(スズメ目ムクドリ科)

群れて行動する事が多いムクドリ。出遭っても撮影する事はほとんどないのですが、この日は珍しく撮影しました。(^^;

Dsc_0534
シロハラ(スズメ目ツグミ科)

ツグミと同じように地面を歩きながら採餌しているところを良く見る鳥さんです。お口にあるのは何かな?

Dsc_0518

梅も見頃を迎えているようですね。

この日は1時間もいられなかったので、パパパッと撮影して退苑しました。(笑)

Nikon D500
AF-S NIKKOR 300mm F4E PF ED VR
AF-S TELECONVERTER TC-14E III

2017年2月20日 (月)

ハチジョウツグミ

Dsc_1138
ハチジョウツグミ(スズメ目ツグミ科)

ハチジョウツグミを初めて見ました。

調べてみると一般に良く知られるツグミの亜種とされていますが、日本は渡りのルートから外れているので、見られる機会は少ないとの事。

Dsc_1103

普通のツグミと比べると、胸から腹にかけて赤茶色の羽色が目立ちます。

Dsc_1119

今年、普通に見るツグミは当たり年なのか、何処に行っても見掛けます。身近な普通の公園でも落ち葉の多いところをぴょこぴょこ歩いているのを見るくらいで。

しかし、このハチジョウツグミは見ません。私は何しろ初めてでしたから。この時、二羽のハチジョウツグミを見ました。

Dsc_0546
ツグミ(スズメ目ツグミ科)

ご参考までに一般的なツグミを掲載しておきます。以前にも何度か掲載しているツグミですから、ご記憶されていらっしゃると思います。

こうして比べると、お腹の色が全然違いますよね。名前は八丈島で捕獲された事に由来するようです。

Nikon D500
AF-S NIKKOR 300mm F4E PF ED VR
AF-S TELECONVERTER TC-14E III

2017年2月14日 (火)

明治神宮にて鳥見を

Dsc_1019
ルリビタキ(スズメ目ヒタキ科)

久しぶりに明治神宮の森で鳥見をして来ました。今回見られた鳥さんは、

ヤマガラ、ルリビタキ、アオジ、シロハラ、ジョウビタキ♀、ウグイス、エナガ、コゲラ、メジロ、ヒヨドリ、ムクドリ、ツグミ、シジュウカラ、カワラヒワ、ノスリ

ヒヨドリやムクドリは見ても撮影する気になりません。特にヒヨドリは何処に行ってもピーピー煩く鳴いているのを見るからです。(^^;

Dsc_0808

対して、自分の好きなルリビタキは何枚も撮影してしまいます。(笑)

Dsc_0842
ジョウビタキ♀(スズメ目ヒタキ科)

ジョビたんもいました。ところが、自分の縄張りに入って来たからか、ルリビタキをしきりに追い立てていました。

Dsc_1008

可愛い顔をしていても、やはり鳥さんも人間も女性は怖い。(笑)

Dsc_0984
メジロ(スズメ目メジロ科)

どれも鳥さんが大きく写っていますが、トリミングはしていません。2倍のテレコンを初めて装着してみたら、被写体が大きくなって・・・(^^;

Dsc_0948
エナガ(スズメ目エナガ科)

エナガの群れに遭遇し、嬉々として撮影しようとしたらバッテリー切れ。で、慌てて交換。(笑)

このエナガを撮影した時、露出補正ダイヤル(ボディ背面ダイヤルに設定)が気が付かないうちにプラス側に大きく回っていたようで、露出オーバーに。肝心のエナガが白飛びしています。失敗!

Dsc_0968
ウグイス(スズメ目ウグイス科)

草薮からウグイスの鳴き声(ホーホケキョではなく)が聞こえたので、ゆっくり近づくと飛び立つ瞬間でした。

Dsc_0755
ヤマガラ(スズメ目シジュウカラ科)

ヤマガラも何度も撮影していますね。

Dsc_1080
ノスリ(タカ目タカ科)

今回、300mmに2倍テレコンを。APS-Cセンサーのカメラですから35ミリ換算900mm相当になります。これで手持ち撮影しているわけですが、重さ的に負担になる重量の組み合わせではないのが助かります。

等倍チェックしてみても、充分にシャープな写真が撮れています。カメラの x1.3クロップ機能で撮影すると、1200mm相当に。これはいざという時に頼もしいです。クロップ時、約1200万画素(D500の場合)にはなりますが。

Nikon D500
AF-S NIKKOR 300mm F4E PF ED VR
AF-S TELECONVERTER TC-20E III

2017年2月13日 (月)

コッコッコッコッコッ・・・と♪

Dsc_0169
コゲラ(キツツキ目キツツキ科)

久しぶりにコゲラです。日本に生息するキツツキの仲間の中で、一番小さいのがコゲラで、体長15センチほどなんです。

Dsc_0296

初めて入った公園で見付けたコゲラですが、何と一本の木に三羽ものコゲラがいたのです。

Dsc_0345

コゲラの目にご注目ください。(^^)

撮影距離、3メートル弱くらいだったでしょうか。接近してもドラミングに夢中。(笑)

Dsc_0378

周りでは普通に母子が遊んでいる公園です。そういう場所でもこうしたキツツキが見られるのですよ。

キツツキがいたすぐそばの小さな池ではカワセミとジョウビタキ♂も見られました。

Nikon D500
AF-S NIKKOR 300mm F4E PF ED VR
AF-S TELECONVERTER TC-14E III

2017年2月11日 (土)

青い鳥

Dsc_0001
ルリビタキ(スズメ目ヒタキ科)

新兵器で撮影した最初の一枚がこれでした。(^^)

ルリビタキ、私は今季初見の鳥さんです。

Dsc_0012

ルリビタキは一昨年、「幸せの青い鳥」というブログタイトルでご紹介しておりますね。

Dsc_0015

いずれのカットも逆光での撮影。

なので、可愛い目がくっきりと出ていないので、その点はご容赦。

コバルトブルーのルリビタキ、個人的にも好きな鳥さんです。

Nikon D500
AF-S NIKKOR 300mm F4E PF ED VR
AF-S TELECONVERTER TC-14E III

2017年2月10日 (金)

トラツグミ

Img_3249
トラツグミ(スズメ目ツグミ科)

昨日のツグミに引き続き、今日はトラツグミです。

トラ・・・というと、私は寅さんを連想するのですが。(^^)

Img_3257

薄暗い藪の中などで昆虫の幼虫、ミミズなどを探しながら歩いている事が多いですね。

Img_3372

羽をブルブルっと震わせました。

歩いている姿が面白く、体を揺らしながら歩くのです。

Img_3424

名前の由来は「虎」の縞模様に似ているところからだそうですが、胸からお腹へかけての模様、虎のように見えますか?

Canon EOS 7D
SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary

2017年2月 9日 (木)

ツグミを・・・

Img_2850
ツグミ(スズメ目ツグミ科)

冬季限定の野鳥カメラマンになっておりますので(笑)、鳥さんが続きます。

今季、ツグミとアトリの当たり年かもしれません。そのくらいツグミとアトリを見る機会が多いのです。

Img_2851

今日のツグミ、後ろから撮影していたら気が付かれまして、先方もこちらを意識していたようです。この止まり方、格好が面白くないですか?

Img_2856

ちょこちょこと枝渡りするのですが、やはり私の事が気に掛かるようで・・・。

あまり刺激しないよう、それほど接近はしていないのですが。

それでも野鳥は敏感ですからね、やがて飛び立ちました。ツグミは地面で採餌しているところを見る機会が多いのですが、このツグミは枝止まりです。

Img_0496

こちらは寒いのか、真ん丸のツグミさんです。(^^)

最近大掛かりな断捨離を敢行したのですが、お陰で防湿庫に大分空きスペースが出来ました。(笑)

Canon EOS 7D
SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary

より以前の記事一覧