2021年9月12日 (日)

Butterfly

5759

蝶はまったく疎いので、種類・名前は分かりません。(^^;

5760

ネットで少し調べてみたのですが、似たような図鑑を見ても断定する自信がありません。

ですが、こちらはルリタテハかも・・・?

羽根が傷んでいるようですね。

5761

花を一枚。イヌキクイモ(キク科ヒマワリ属)です。

2021年8月 8日 (日)

ヒグマを察知!?

5680

今日もお友だちの撮影を続けます。

キタキツネの子どもたちも大分大きくなり、戯れ合いながら遊ぶようになっています。

5681

舌舐めずりをしながら「あ! お母さんが食べ物を持って来てくれた!?」

後ろで、「ダメダメ、食べるのはボクが先だよ!」

5683

好奇心旺盛の頃です。初めて見るものに目が惹かれます。

5682

お母さん! スニーカーなんて咥えて来て、何に使うつもり?

5678

チミチミ、軍手なんかどうするの?

5684

5685

お友だち曰く、「引っ越しには軍手が大事です、それと布切れも」と。(笑)

確かに重い荷物を持つのには軍手が必要。キタキツネは危険を感じると巣を変えますので、その引越しの際にタンスや机を運び出す時に軍手は必須ですね。(^^;

スニーカーや軍手を咥えた写真は6月1日に撮影していますが、これが最後の撮影となりました。この後、この家族は本当に何処かに移ってしまいました。

で・・・、

5686

ヒグマが旭川の街中に現れたのです。

5687

最初、ヒグマはキタキツネの巣穴があった崖に現れ、そこでヒグマは蜂の巣を見つけ、食べたらしいのです。

ですから、キタキツネの子育ての様子を撮影していたのは・・・タイミングが悪ければヒグマと遭遇という事も有り得たかもしれません。「OO7/危機一発」・・・いや、危機一髪でした。

キタキツネの親は本能なのでしょうね、危険を察知したので子供たちを連れて巣を別の場所に変えたのだと思います。

当然、キタキツネの巣のあった周辺は全面立ち入り禁止となりました。

2021年8月 7日 (土)

キタキツネの子育て

5672

今日の写真、すべてお友だちが撮影しております。撮影時期は5月であります。

ここ数年、野生のキタキツネの子育てを観察、撮影しておりますが、今年も見る事が出来ました。

5673

子どもが可愛い顔を出しています。

今年はこのような崖のところに巣が作られていました。

5675

観察を続けている間に、緑が徐々に濃くなって来ています。母ギツネがこちらの様子を警戒。

5674

獲物を咥えた親ギツネ。苦手な方はスルーしてくださいませ。

5676

人間も動物も、子どもの頃は母親に甘えるものです。

5677

この頃には子どもたちも巣立ちし、外で遊ぶようになりました。

5679

親ギツネは冬毛がどんどん抜けていますから、見映えはどうしても悪くなりますね。

2021年4月16日 (金)

wolf

5272

あどけない姿。

5273

5274

カメラが気になる?

2021年3月 8日 (月)

キタキツネの狩り

昨晩、BSテレ東の「激録!ハンターカメラ」という番組を見ていたら、キタキツネの狩りの瞬間「ジャンピングキャッチ」はなかなか見られるものではなく、知床で環境保全の仕事を長くしている方すら一度も見た事がないとの事。

番組を見ていた私は「え!? そんなに見られない事なの?」と、ビックリしました。何故かと申しますと私は一度見ていて、拙ブログに過去、掲載していましたので。ただ、カメラを連写モードにしていなかったため飛んだ瞬間は撮影出来ませんでしたが、ジャンピングの瞬間はカメラのファインダーで見ていました。

以前、掲載していた記事を以下に再録します。

5107

公園でキタキツネに出遭いました。ラッキー♪

5108

ん!?

何やら獲物を見付けたようです。この直後、ピョーンと飛び跳ねたのですが、シャッターを連写モードにしていないので、その飛んだ瞬間を写せませんでした。(^^;

5109

苦手な方はスルーしてくださいませ。

野ネズミらしき獲物を咥えて出て来ました。

5110

ここで、クシャクシャと獲物を食べる事に。

5111

で、その後、「余は満足じゃ」とも言いたげにまた歩いて行きました。(^^)

※ 以上が2017年12月4日に掲載した記事です。番組ではかなり時間が掛かったようですが、見事ジャンピングキャッチの瞬間を映像に収める事が出来ていました。

シマフクロウがヤマメをハントするところも放送していましたが、あそこ(羅臼)は餌付けをしてシマフクロウを誘い込んでいる、野鳥カメラマンには有名な場所です。シマフクロウは絶滅危惧種なので、そうして保存しているという事でもあるのです。写っていたシマフクロウには足環が付いていました。

2020年11月21日 (土)

昆虫

4787

カマキリって、昆虫の中では嫌われているように思いますが、こうして見ると案外可愛い顔をしていますよね。

4788

蝶の種類には疎いです。

4789

クモもホンチなら子供の頃、戦わせて遊んでいましたが・・・。

2020年9月18日 (金)

秋の風情に

4497
エゾリス(ネズミ目リス科)

北の大地は秋の風情に・・・。

エゾリスもこれから冬支度(餌の蓄え)の準備で忙しくなりますね。

2020年7月11日 (土)

ヨッコラショ!

4335

ヨッ・・・

4336

コラショ!・・・と。(^^)

4337

誰かが置いた松笠に惹かれたようですね。

今日のエゾリスは私の撮影ではなく、旭川のお友だちが撮影しています。エゾリス、ホントに可愛いですね!

「令和2年7月豪雨」と命名されたようですが、今年も大変な自然災害に見舞われてしまいました。「明日は我が身」を忘れてはいけません。

2020年7月 3日 (金)

こちらにも・・・

4321

こちらにも癒されます。仕草が可愛いです。(^^)

2020年6月17日 (水)

撮らないで・・・

4277

許可なく撮らないでよぉ・・・

4278

眠たいんだから・・・zzzzz